FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ガンダムオンライン
 つい昨日、正式サービスが開始されたガンダムオンライン、先週のオープンβの時から連邦側で細々とやってみています。
 MSによる51+(指揮官1)vs51(+指揮官1)の大規模戦ができるのは今のところこれだけなので、その点については凄いですね。
 多人数で入り乱れてわーわーやってるのは中々楽しいです。
 指揮官も何度かやってみていますが、これはこれで楽しいところもありますね。ただ、難しい。
 機体の設計図が中々手に入らないのはPS3のバトルオペレーションと同じ。
 で、総評としてはかなり面白いものではあると思うのですが、気になる部分もありまして。

 何か、ジオン製MS、やたら強くないですか?
 連邦のMSが弱いんでしょうか。
 原作準拠にするとゲームバランス的に連邦優勢になってしまうので、そこは多少テコ入れが必要だとは思いますけど……。
 ジオンのMSの侵攻速度が連邦の1.5倍近くあるような気がするんですよね。バズーカとかやたら痛いし、ヒートホークは同じ距離でビームサーベル振り合ってるのに負ける気がするし……。
 連邦のビームライフルとか威力が低い気がするし。
 大規模戦に参加していると7,8割ジオンが勝つ気がします。
 機体のチューンレベルの差とか、レンタル機体を使ってるとか、そういうのがあるにしても、あからさまにジオンが強い気がしてなりません。最大チューンやレンタルなんて連邦で使ってる人だっているはずですし。

 現状、何だかゲームバランスが悪いような気がするなぁ。
 そのうち改善されるのかな……。数値が同じでも実質的な性能面で同等にならないと人減る気がするけどなぁ。
スポンサーサイト



テーマ:機動戦士ガンダムオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

TOP
ソウルサクリファイス体験版
 注目していた「ソウルサクリファイス」の体験版が配信されたのでちょこちょこプレイ中。
 とりあえず体験版でのオフラインは一通りクリアしました。色々やってみています。
 操作感はマリシアスリバースみたいな軽快さですね。雰囲気的にはダークソウルとか、ああいうダークファンタジー系が近いのかなと思いますが、それより更にダークかつファンタジックな感じ。
 体験版の中では、戦場となるフィールドは1エリアのみですがそこそこ広めでしょうか。
 緊急回避やダッシュはありますが、ジャンプのアクションがないのでちょっとクセがある感じです。
 魔法を使う際に消費される供物のエネルギーは、使い切らなければクエスト終了後に回復するとのこと。使い切った場合は「リブロムの涙」を消費することで復元できるみたいですね。
 代償魔法と呼ばれる自分の体を代償として発動する大魔法の場合、プレイヤーが被る代償は永続なようですが、これも「リブロムの涙」で書き換えて戻せます。
 代償魔法の書き換えは行う度に涙の必要量が増えるらしいですが、その増加する必要量には上限があるのかが気になります。
 また、救済と生贄によるプレイヤーの成長も、生命レベルと魔力レベルの合計がプレイヤーレベルとなり、上限があるらしく、頭打ちになった場合はこれまた「リブロムの涙」でレベルを書き換えられるようです。このレベルバランスは腕に装備する刻印に影響してくるので装備したい刻印に合わせたレベルバランスにするか、今のレベルバランスに合わせた刻印を装備するか、というカスタマイズ要素になりますね。
 通常攻撃に用いる供物の強化や合成も結構な数がある印象。その分、通常魔法のモーションはパターン化されているような感じ。斧系の魔法なら斧系のモーション、といった感じで、そのモーションも近接攻撃系は単純にボタンの連打によるコンボ攻撃かタメ攻撃かの2種類のみ、かつコンボにはタイミングずらしやタメへの派生はないみたいです。
 製品版では派生のあるものがあるかもしれませんが。

 操作は軽快でスピーディ、魔法によるアクションはそこそこクセがありますが、魔法自体のバリエーションは結構ありそう。
 通信協力もできますが、戦闘不能のプレイヤーを生贄にして大魔法を放つか、HPを分け与えて復活させるかは状況や同行する仲間次第と、協力ではなく共闘というスタイル。

 個人的には中々面白いですね。
 あと、リブロムが案外かわいい(笑)

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

TOP
WiiUとか不満とか期待とか
 また二週間もブログ更新してなかったorz
 それはそれとして。
 
[READ MORE...]

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

TOP