FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

週刊 WriteIDEA -2019.12.27-
 <今週の白銀>
 今年最後の定期更新です。
 年号が変わったことそれ自体には特に何か思うこともなかったりするわけですが、振り返ってみると自分的にそこそこ大きな変化というのはあったような気がします。
 デスクトップPCを自作したこと、それに合わせて一部部屋の模様替えをしたことは割と自分の中で大きな変化な気がしています。
 他にはFF14内で結構あれこれあったなぁと。主にトラブル面というか、人間関係面というか。私に直接的な被害があったかというとそうでもないんですけれど。
 『救国のアルザード』については、順調に十四章が書きあがり、本編部分としては最終章に当たる十五章に着手できています。来年になったら<IDEA Pickup>のコーナーで裏話とかだらだら語っていこうと思います。
 
 
[READ MORE...]
スポンサーサイト



TOP
週刊 WriteIDEA -2019.12.20-
 <今週の白銀>
 『救国のアルザード』の執筆ペースは維持できています。が、しかし代わりに他のことに費やす時間が減っているため、ゲームに回す時間もやや慌しい感じに。
 FGOの2部5章が配信されましたが、まだ4章に手を付けられておらず、3章も割と序盤からストーリーをスキップしてクリアに到達したので(イベントの参加条件が2部3章クリアだったりしたため)そこからの話も見ておきたいんですよね。
 年末年始の休みは丸々一週間ほどあるわけですが、その間に執筆時間を取れるかも微妙な気がするので、休みに入るまでに書き溜めしておきたくもあります。一番良いのは完結まで書き切ってしまえることですが、果たしてそこまで加速できるのかどうか……。
 
 
[READ MORE...]
TOP
週刊 WriteIDEA -2019.12.13-
 
 
 <今週の白銀>
 ひとまず『救国のアルザード』13章が書き上がりました。ギリギリ「小説家になろう」での連載ペースを落とさずに書き進められています。
 プロットではあと2章(+終章)で完結する予定なので、ペースを維持できれば1月中に完結する見込みになります。気分的には、今年中に書き上げて、溜まっているものを崩していきたいところではあるのですが。
 ゲーム方面では昨日『Gジェネ クロスレイズ』にDLC第一弾の配信が行われ、ガンダムX、ガロード、ティファ、ダブルエックス、ロラン、ターンエーが入手できたので、本格的に攻略を始めました。DLCで機体追加があるのは嬉しいことなのですが、配信前に図鑑コンプやシナリオクリアをしてしまっていると折角の追加機体を使う場面やモチベーションが減ってしまうように思えて、外伝系などのステージ数の少ないシナリオをちょっとずつ進めたり、1日1回派遣任務を回して経験値稼ぎや開発ルート埋めを中心にやってたんですよね。『Gジェネ ジェネシス』はトロフィーコンプしたので『クロスレイズ』もそこまではやりたいと思ってます。
 『MHWIB』は今日からゼノ・ジーヴァ成体が配信期間になるのでそっちもやりたいところ。明日は『FF14』のプロデューサーレターライブを含む14時間生放送もあるし、今週末もやりたいことが山積みです。
 年末なので部屋の大掃除というか、片付けもしておきたいところではあるんですが……。
 
 
[READ MORE...]
TOP
週刊 WriteIDEA -2019.12.6-
 <今週の白銀>
 12月になってしまいました。
 未クリアで積んでしまっているゲームが『隻狼』『コードヴェイン』とある中、『Gジェネ』と発売日が同じだった『十三機兵防衛圏』も加わってしまっています。『デス・ストランディング』もまだ遊びたいし、『MHWIB』もアップデートでの追加やお祭りイベントが開催予定だったり、『FF14』も5.15アップデートが間近だったり、『ARK』のジェネシスDLC第一弾の配信時期が12月中なのか1月になるのか分からなかったり、ゲーム関係は詰まり過ぎです。
 それはそれとして、「小説家になろう」の方で週刊連載している『救国のアルザード』の更新ペースを落とさぬようにと、何とかこれまでと同じぐらいの分割量になるように書き進めたところでアップロードの予約処理をしています。
 落としてはいけない締め切りを設定したことで、執筆頻度と速度は上がったような気がしますが、焦りのようなものも付き纏うようになり、章1つを書き上げてからチェックしつつ分割、という工程を取れないので不安な部分もあります。
 とはいえ、だらだら引き延ばしてしまうという事態は避けられるだろうというメリットもあるにはるので、何とかこのままのペースを保って年内中に完成させられるといいなと思っています。
 
 
[READ MORE...]
TOP