FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レビュー:ガンダムAGE第十二回
 というわけで第十二回。
 なんだかもうレビューで文句言うために見てるような感じ……。



16.第十六話「馬小屋のガンダム」
 第一印象「( ゚д゚)……25年も経つ意味あんの?」
 25年が経過したA.G.140年。地球連邦はヴェイガンに対して和平交渉を持ちかけるも、ヴェイガンはこれらをすべて拒否。戦争状態が続く。フリットは地球連邦軍の司令官となり、息子のアセムの誕生日に合わせて休暇を取り、帰郷。夕食の席でAGEデバイスをアセムに託す。翌日、アセムの学校にゼハートが転入してくる。クラブ活動のプチモビをいじっているところでヴェイガンがコロニーに襲撃を仕掛ける。アセムは家に向かう途中で足をくじいたロマリーを助ける。そのまま、家に着くとバルガスに馬小屋の中へ案内され、ガンダムを渡される。アセムはそれに乗ってヴェイガンと戦闘、ゼハートが密かに監視している中、撃退し、終了。
 はい、というわけで第二部ですが。
 まず、初めに言いたい。
 (゚д゚)25年も時間かける必要あんの?
 一番の戦力であるはずのガンダムを前線に投入していないのもどうかと思う。フリットが司令官になったからガンダムを降りたんだとしても、だからといって遊ばせておくのはどうみても戦力低下なはず。元々、設定上は現行最強のMS、のはず。今までレビューしてきた身からすると思いっきり文句言いたいけど
 他のエースパイロットに預けて、前線で運用させた方がいいんじゃないのか?
 公式サイトとかの情報では、「ガンダムはAGEデバイスがないと動かせない」とか「アスノ家の人間のみ」みたいに書かれてるけど、本編見てる限りじゃAGEデバイスがあれば誰でも動かせる印象。まぁ、自分の家の家宝みたいなものなわけだし、手放したくない気持ちもわからないでもないが、それなら基地司令などしてないで前線に出ればいいんじゃないのか。シャアみたいにさ。
 まぁ、ガンダムの件はこの辺にして、次はフリットの25年間について。
 25年間、戦争がずっと続いていたにしては、アセムのいるコロニーは平和そのもの。というかどこで戦争してるのか説明とかもないから、そもそも戦時中という印象が持てない。フリット編まででも指摘したけど、戦争をしていると思わせる要素がフリットしかいない。冒頭でフリットにコーヒーを持ってくる参謀もどうにも他人事みたいな口調に感じられるし、話の内容もフリットだけが戦争をずっとしているかのようなもの。フリットだけが戦争を意識していて、周りにはそんな空気がない。
 というか、25年経って新型量産機のアデルが配備されるって、どう考えても遅過ぎだろう。一体今までどんな機体で戦ってたんだ。一応公式サイトじゃあジェノアスⅡやシャルドール改とか載ってるけど、強化型で25年もやってこれたんだとしたらヴェイガンって大したことないってことだよね。
 相変わらずMSの発展が遅過ぎる。チューニングしていたからスペックは順調に上がっているとかいうなら、そういう描写や説明をしろと。
 いつごろフリットが司令官になったのかは知らないけど、25年も経って戦争が終わってないっていうのはちょっとどうなんだろう。少なくとも、劣勢になっているって、フリットの天才性に疑問が残る。第一話とかでUEの襲撃パターン解析とかしてたんだから、もっと優勢とかにできたんじゃないんか。ていうか、最初の14年からジェノアスしか開発していない連邦といい、25年経ってようやく新型量産機のアデルを配備する現状といい、何か時代背景に違和感が強い。25年も経過させるならもっと変わっていていいんじゃないか。
 ヒロインであろうロマリーとの出会いもわざとらしい
 アセムたちのクラブは去年のプチモビ大会で優勝しているらしいし、不良グループにも目を付けられているようだし、どう考えてもそれなりに目立っているはず。最近できたクラブならともかく、去年優勝しているというのにロマリーが知らないのはおかしい。それに、立ち寄り方もわざとらしいというか、不自然。ふらっと立ち寄れるようなところにあるなら、今までにも見ているはず。初めて見たかのような出会い方には違和感がある。
 ゼハートは初っ端から視聴者にはスパイだとバレている状態で現れているけど、どうやって厳重な警戒の中このトルディアに侵入したんだろう。その上、そのゼハートの情報で難なく突破される警備とか、ザル過ぎるだろ。何のための警備なんだよ。いともあっさり侵入を描かれているせいで、警備がザルだという印象しか持てず、ヴェイガンが凄い、というようには見えない。
 そしてフリットのエミリーに対する意識の無さが酷い。何でこいつら結婚してるのか分からない。ヴェイガンは人間ではない、などと言い放つフリットは未だにユリンのことを根に持っているのが見え見えだし、今回の話の中でもエミリーを見る回数が1,2回ぐらいしかない。フリットはエミリーを恋愛対象に見れていないだろうし、よくこんなのと結婚したなエミリー……。ていうか、フリットがエミリーと結婚することになった経緯みたいなのは語られないんかね。まぁ、語られないんだろうな。

 相変わらず、色んなものが足りない
 オープニングやエンディングのアニメを見ているとなんだか学校生活的なものがあるんだけど、アセム編のスタンスは何なんだろう。まぁ、1stに対するZの立ち位置なんだろうけど、学校生活しながらヴェイガンと戦うというのが全く想像できない。どう考えても非現実的かつ非効率的なんだけど。
 で、アセム編は30話で終わるんだろうか……。
スポンサーサイト



テーマ:機動戦士ガンダムAGE - ジャンル:アニメ・コミック

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP