FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レビュー:ガンダムAGE第二十三回
 というわけで第二十三回。
 今日はツッコミどころ多いぞー!
 
 
27.第二十七話「赤い夕陽を見た」
 ヴェイガンがコロニー撃破狙いではなく、ドッキング狙いだと判断し、要塞へ戦力を集中させる指示を出すフリット。フリットはAGE1で要塞へと急行し、バリアを破壊してフォトンリングレイへの防御を無効化しようと試みる。要塞の対空防御が厚いことを確認し、フリットはウルフ隊を指揮下に入れ、要塞のスラスタを破壊。姿勢制御を崩してバリアの向きを変えようとするが、ヴェイガンは要塞を多数のMSのスラスタで押して強引に方向を安定させる。ミューセルフルパワーで捨て身の特攻をかけるダズを撃破するも自爆されるフリット。中破したAGE1でディーバに戻るフリット。参謀がフォトンリングレイではなく、フォトンブラスターを戦艦目掛けて撃ち、それを要塞にぶつけさせることで要塞の姿勢制御機能やバリアを崩す。要塞の推進システムが停止したことでノートラムへの激突コースへ。直撃を防ぐためフォトンリングレイを強引に発射。コロニーへの激突は避けたが、要塞は地球への落下コースへ。要塞に引っ掛かったディーバは要塞から離脱するためにフォトンブラスターを撃とうとするが、要塞に引っ掛かった際の衝撃でフォトンブラスターの一部が破損、修理のためにプチモビで作業をしていたレミがマジシャンズエイトの生き残りに攻撃されて作業後に死亡。アセムは要塞の状況を知って、要塞のエネルギーコアを破壊して大気圏突入前に要塞を爆破することに。ゼハートは要塞の爆破の破片に紛れてヴェイガンの人員を地球に送り込むことに。そのために要塞を破壊しようとするアセムと協力し、ゼハートはコロニーデストロイヤーの存在をアセムに教え、二人でエネルギーコアを破壊する。アセムとゼハートはお互いに認め合うも、イゼルカントの誘導でゼハートとアセムは脱出、そのまま大気圏に突入して地上へ。アセムが夕陽を見ながら次回へ。
 さて。
 コロニー付近まで辿り着けてないのに敵がコロニー狙ってないって良く分かるなこいつら。そもそもコロニーへの接近を防ぐための防衛戦闘じゃないんかこれ。敵だってコロニーに辿り着いても後ろから撃たれるのは避けたいだろうし、邪魔な防衛部隊の排除を優先するだろうし、少なくとも戦力が十分あるところを強引に突っ切るのは得策ではないだろ。しかもドッキングなんて無防備になるだろうし、余計に周りの敵の殲滅は必要だろ。何でドッキング目的まで見抜けるんだこいつら。ドッキング機能とか何で分かるんだ。こいつらの理解力こそXラウンダーなんじゃねぇの?
 とはいえ、防衛部隊だけで対処可能って、それ普通にこのまま戦ってれば問題ないってことじゃん。要塞に戦力を集中する前に、ドッキング前に敵戦力を全滅させれば要塞だって丸裸なわけだし
 一体こいつらは何をやっているんだ。
 姿勢制御システムというか大型スラスタを狙うAGE1。だけどゼフルドランチャーとかいうのロックオン遅過ぎねぇか。動く的にホーミング弾を撃つならともかく、ほぼ止まってる的になんでそんなにロックオン必要なんだよ。明らかに実弾系ミサイルっぽいし、チャージ必要なエネルギー兵器には見えない。そんな長時間のロックオンってどうなんだ。ノーロックで直線発射するACのロケットみたいにもっとスパッと撃てる兵器のがいいんじゃねーのか?
 要塞を押すMSの群れ。シュール過ぎる。何これ、逆シャアのパクリ?
 というか、まだ周りに敵がいるのに余裕あるなこいつら。てか、こんだけの戦力いつの間に呼び戻したんだよ。そもそも、攻撃に回さなくていいのかこれ。
 で、突撃するダズの死に方。下半身爆発したのに何で上半身も爆発するんだろ。動力炉みたいな爆発するようなものがない方は爆発しないと思うんだけど。爆発するにしても、あんな巨大な爆発はしないだろ。不自然過ぎる。
 フォトンリングレイってどういう兵器なんだ。強力なレーザーだと思ってたけど、直撃した要塞、形状ほとんど残ったまま内部で爆発とかしてるけど、あんなの喰らったら普通は装甲とか消し飛んだりするよね。MSは爆発して消し飛んでるのに戦艦だけどうなってんだ。あ、手抜きか
 メガネのレミ死亡。安っぽい。
 ていうか、あれか、オブライトと絡ませたのってレミ死亡のためのフラグか。
 ( ゚д゚)<チープ。ていうか何だろう、この感動の無さ。ただの死に損じゃね?
 そもそもオブライトってそこまで物語的にスポット当たってないし、感情移入してないしなぁ。同じ部隊の仲間ではあるけど、アリーサみたいにアセムと良く絡んでたわけじゃないし。レミもそう。正直、ウルフとアリーサ以外のパイロット二人とレミは近いところにいるモブキャラぐらいの認識しかないわ。
 加えて、要塞とコロニーの距離感とかが良く分からん。急に近付いてきてるようにしか見えない。
 それから、エネルギーコアって、何?
 動力炉っていうか、ジェネレータとかと違うんか。
 コロニーデストロイヤーって言う割には、何かイメージと違うんだけど。ただの大型爆薬みたいにしか見えない。こんなんで更に大きなコロニーを破壊するような威力あるんだろうか。しかも何かケーブルで繋いでるし、爆破ポイントは指示するとか言われてるし、爆破ポイントに設置しないとエネルギーコア破壊もできない程度の兵器なんだろうか。だとしたら欠陥品じゃね?
 大層な名前付いてるんだし、適当にぶち込んでも要塞程度吹き飛ばすぐらいの威力がないと名前負けも甚だしいわ。
 その前に、巨大な動力炉ならAGE2のハイパードッズキャノンで撃ち抜いたり、キャノンビームサーベルでぶち抜けば爆破させるなんて簡単な気もするんだけど。どう考えてもAGE2の体当たりより破壊力あるだろうし
 つか、ゼハートがいきなり協力的になったことには疑問を持たないのかアセムは。ヴェイガンの目的が侵略だと判断してるなら普通に要塞を地球に落とすとか考えられることでもあるだろうに。
 失敗の無い作戦の意味が、要塞のドッキングという第一目標が失敗したら要塞を地球への落下軌道にのせつつ連邦に撃破させて残骸に紛れて人員を地球に送り込むことだとは……。
 単に二段構えの作戦ってだけだろうが……。しかもこのアイデアってクロスボーンガンダムのマザーバンガード沈む時のパクリだし。何が失敗の無い、だよ。むしろこう言うことの方が戦術とか戦略とかの範疇だろ。勘違いも甚だしいわ。
 (#´゚д゚)笑えねぇ冗談だな……。ふざけんなよ
 爆破の直前に和解してるようなアセムとゼハートにも違和感が酷い。今まで殺し合ってたようなもんなのに何でこいつらこんなに爽やかなんだ。ガンダムファイトとか、喧嘩後に仲直りみたいなノリのつもりなのか。だとしたらタチが悪い。レミとかウルフとか死んでるし。和解に至るとしても、そこまでのキャラクターの心情の掘り下げとかがされてないから納得できるはずもなく。
 イゼルカントの超能力脱出路確保とかもご都合主義過ぎるだろ……。どういう理屈だよそれ。エネルギーコアとか破壊前に壁の一部が吹き飛んで、しかも外に出られるとか何で分かるんだよゼハートは。普通に来た道引き返すとか、ダブルバレットやゼイドラの高火力で装甲ぶち抜きながら脱出とかの方が絵的にも良くないか。そっちならゼイドラとの協力感も出せるだろうし。そもそも、外部から侵入する時も同じように壁ぶち抜きながら進めば速かっただろうし。
 ていうか、フォトンリングレイが直撃した時にエネルギーコアぶち抜けてないのも問題だよな。フォトンリングレイの出力とか、エネルギーコアブロックしかない要塞中央の形状とか見る限り、中枢とか内部構造が無傷とか有り得ないよね
 大気圏に突入する面々。AGE2って大気圏突入できるんだ。ゼイドラは味方機が一機盾になってたのに。
 地上に降りたアセム。夕陽が綺麗だとか抜かしてるけど、何か、場違い感が凄い。確かに宇宙にしかいなかったなら感動もあるだろうけど、唐突過ぎるし、重力差とかはどうなんだ。平然と立ってるけどさ。感動するにしたって、もっとプロセス必要じゃないか?

 毎度毎度思うけど、どこがヴェイガンのMSがパーフェクトなんだろうな。重装型っぽいのもジェノアスⅡとかアデルとかのビームサーベルで普通にぶった切られて撃破されてるし、AGEシステムの武器製造なんてアセム編になってからダブルバレットパーツにしか使ってないじゃねーか。腕で防御態勢取ればビームライフル喰らっても耐えられるのに、防御姿勢じゃない時に腕に当たると普通に吹き飛ぶ敵の機体とか、防いでもシールドに傷一つつかない連邦のMSとか、戦闘の細かい描写が甘過ぎる。
 その癖、今回自爆攻撃喰らったAGE1は両腕吹き飛んで破損してたけど、コクピット内部は綺麗に残っててフリットも無傷だったし。
 MSの強弱関係とか、性能差とか、さっぱり伝わってこないんだよなぁ。ヴェイガンの方が技術力ある割には、連邦の量産機の攻撃であっさり落ちてくし、脅威感なんてほぼないし。

 次回でアセム編最後っぽいのと、地上に舞台が映るような感じだけど、どうなんだ。
 まぁ、ダメな気はするけど。
スポンサーサイト



テーマ:機動戦士ガンダムAGE - ジャンル:アニメ・コミック

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP