FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レビュー:ガンダムAGE第二十九回
 というわけで二十九回目。
 今回はどんだけひどいんだろうね。
 
 
33.第三十三話「大地に吠える」
 第一印象「( ゚д゚)……そうか、イゼルカントに強いられているのか」
 前回のおさらい、シャナルア死亡から、基地内での戦闘シーン。爆破まで30分間、撹乱のために戦闘する模様。オープニングを挟んで戦闘シーン続行。ディーバ被弾、機関制御システムに異常、ほんと役に立たないナトーラを叱咤しつつフリットが指揮。ナトーラは艦長になろうと徹夜でディーバについて学習していたのをフリットに指摘され、意を決して指揮。アルグレアスから通信が入り、状況を聞く。基地内の敵が撤退を開始したという報告に疑問を抱くフリット。キオはゼハートと接敵。敵の様子から時間稼ぎをしていることに気付くセリックとフリット。プラズマ粒子爆弾内臓MS残骸が6個発見され、残り時間は10分。解除できるのは3個が限界で残り3個はMSに運ばせることに。フリットは猶予を与えているようなヴェイガンのやり方に思案を巡らせる。キオとゼハートの戦闘はAGE3が優勢。キオにセリックから爆弾入りMSの除去に当たると通信が入る。もう少しで倒せると言い張るキオだが、シャナルアから学んだことを思い出せと言われ、指示に従う。5個を除去し、残り一つが見当たらない。座標はあっているが、MSの残骸はなく、フリットはキオのXラウンダー能力の高さに懸ける。隔壁に偽装されていた爆弾を発見しギリギリで外へと運び出すキオ。撤退するヴェイガン。戦闘は終了。ルナベースを拠点とした敵機動要塞への攻撃作戦を計画中。AGEシステムを改良可能か調査する準備も整っているとか。ディーバにはAGE1フラットが配備。また、ガンダムに関しては連邦のエース、ジラード・スプリガン大佐の管理下に置くとのこと。ガンダムとAGEシステムの価値をやっと連邦が認めたのだと告げるアルグレアス。夕陽の中を飛ぶ鳥を見つめるキオを諭すフリット。ゼハートはイゼルカントに地球種を試しているのではないかと疑問をぶつけるが、常にヴェイガンのことを思っている、それ以上告げることはないと跳ね付けられる。フラム・ナラという女士官がゼハートのサポートをするよう言われたと現れるが、ゼハートは必要としていないと答える。ディーバ打ち上げ。ヴェイガンは地球軌道と地球上の40%を制圧しているとのことで陽動作戦も行われている模様。そして次回へ。
 さて。
 今回、思ってたよりマシだった
 相変わらず、Xラウンダーってのが良く分からないというか、イマイチどういうものなのか分かりにくい。戦闘中にエフェクトが出て攻撃が命中したりとか決め手になる行動取ったりしてるんだけど、そういう行動ってエフェクト出てなくてもしてる時あるし、エフェクトの有無による差ってのが良く分からない。基本的にAGEの戦闘って、命中した時に装甲が貫かれるか否かぐらいの差しか感じられないんだよなぁ。腕とかで防御行動取ってても、防いで無傷な時もあれば当たった時に腕吹っ飛んだりそのままぶち抜かれて爆散したりする時もあるし、何か面白味を感じないんだよなぁ。
 で、今回マシだと思った点。
 猶予を与えるようなヴェイガンのやり口に対する疑問をフリットとゼハートが代弁、イゼルカントは考えがあるけど言う気なしというやりとり。
 AGEシステムやガンダムを軍が前面利用しようとしていなかったことについて、軍の技術力がアスノ家という個人の技術力に劣っていることを認めたくなかったのだろうというアルグレアスの言葉。
 認めたからAGEシステムにを手を付けるつもりらしいこと。認めざるをえないぐらい戦況がやばいということ。地球軌道は制圧されていて、地上も40%はヴェイガンの制圧下にあるという現状の説明。
 とまぁ、割と「どうなってんだよ」と思ってたことに触れられていた。
 だから面白くなったかと言われると別段面白くはないんだけどな
 プラズマ粒子爆弾なにそれとか、まぁこの辺の用語とかは捨てておくとして、爆弾感知するシステムとかよく持ってたよな。以前に使われたことでもあるんか。あるんならそういう描写欲しいんだけどな。唐突過ぎて都合良過ぎだし。
 ていうか、最後の一個が隔壁に偽装されてるのはいいけど、最初に座標のやりとりしてたところから結構動いてないかこれ。座標のエリア区分どんだけ広いんだよ。それにそんな適当じゃなくてそのシステムを持ち込ませて近くで作動させれば直ぐ見つけられやしないか。スペクトル検出とか言ってるあたり、検出して存在を確認してるわけだし、近付けば反応も強く、遠ざかれば弱くなるようなものなんじゃないのか。ていうか宇宙に進出して何世紀も進んだ技術力とか持ってるはずなのにそういうとこ超能力で探すとかアナログ過ぎやしないか。そもそも、ヴェイガン側に検出されないようにするカモフラージュ技術とか開発されてないんか。戦艦ステルス化するような技術はあるのに。
 で、ファーストガンダムの地上から宇宙への打ち上げシーンのパクりシーン付き。何か、露骨過ぎるよなぁ
 ルナベースとかではAGEシステムを改良する計画と敵機動要塞への攻撃計画があるらしい。
 ルナベースってことは、まぁ、月にあるんだろう。地球軌道が制圧されたり、ビッグリングが消滅したりしているのに良く無事に残ってるな。無事じゃないにしても、そういう計画が進んでいるだけの余裕があるってのがな。これも全部イゼルカントの計画ってことで片付けるんかね
 宇宙の状況がヴェイガン優勢ってことしか分からないから、どうなってんのか想像できない。地上も40%制圧されてるらしいけど、それにしては緊迫感というか、雰囲気ないんだよなぁ。
 AGEシステムを軍で前面運用してこなかった理由がついに明らかに。何だその取って付けたような理由は。まぁ、取って付けたんだろうな。言ってることは分かる。集団が個人に劣っている場合、個人をハブるのはまぁ、良くある話だとは思う。が、アスノ家って元々MSエンジニアの家系じゃなかったっけ。MSエンジニアなんて普通に考えたら個人でやってたって成り立たないだろうし、兵器関係なら軍事系組織に関わってやってきはず。だとしたらAGEシステムだって軍所有の技術って括りになるんじゃないのか。一応、連邦の部隊として運用されてきてたわけだしさ。
 それに、今更有用性を認めたとか言われても、そもそもの開始から70年経ってるんだけど。14年でガンダム完成したから、正確には56年か。ちょっと気付くの遅過ぎないか。ていうか戦争やってんのに半世紀もハブるとかどんだけ馬鹿なん。アセム編最後にフリットがクーデター起こして人員入れ替えやってるのにキオ編まで放置してるのもアホ過ぎる。ていうか、70年前の代物なのに現役で最先端みたいなAGEシステムってどんだけオーパーツなんだ……。

 それにしても、70年経過って、現実に置きかえると今2012年だから1942年だよね。となると第二次世界大戦中ってことになる。第二次世界大戦が今現在までずーっと続いてる、みたいなことをAGEはやってるわけだ。そう考えるとなんだかなぁ(;´д`)
 まぁ、何かもう全部イゼルカントのせいにすればいいから楽だね

 AGEのゲーム、ファーストやSEED、00の機体も出るとか。
 (;´д`)要らねぇ。激しく要らねぇ。
スポンサーサイト



テーマ:機動戦士ガンダムAGE - ジャンル:アニメ・コミック

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP