FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レビュー:ガンダムAGE第三十六回
 というわけで三十六回目。
 フリットが嫌われてきてるね!
 
 
40.第四十話「キオの決意 ガンダムと共に」
 第一印象「( ゚д゚)……無駄に情報量多いな」 
 冒頭ではヴェイガンに奪われたルナベース奪還作戦のフェーズ3が開始される。MSの降下作戦開始の中にはAGE-FXに乗るキオの姿が。新オープニングの後、出撃。ここから1ヶ月前の回想が開始。海賊戦艦の中でヴェイガンを見てきたキオの前にアセムが立つ。何故海賊になったのか、帰ってこなかったのかを問うキオ。イゼルカントの真意をアセムに話すキオ。一方地球圏ではコロニーにて幼時3人組は無事に家族の下へ送り届けられる。そこへアセムの海賊艦も着艦し、キオ合流。3ヶ月ぶり、らしい。会いに来ていたロマリーの前に顔を出すアセム。一方AGE3は修復を断念、そのままAGEシステムで進化させることに。フリットはアセムに話を聞くことに。13年前、戦闘で重傷を負ったアセムは海賊に拾われ、行動を共にするうちにEXA-DBのことや連邦の不正やヴェイガンの実情を知り、ヴェイガンを一方的に悪と考えられなくなった模様。第三者になるつもりかというフリットに対し、アセムはどちらか一方につくべきか判断できなくなり、戦いが避けられないなら双方から情報や物資を奪い、戦況を膠着状態にすることで大規模戦闘を避け、被害を抑えることを目的としていたと語る。ヴェイガンを根絶やしにしなければ真の平和は訪れないと言うフリット。アセムはフリットとは違う道を行くと宣言。キオもフリットにヴェイガンで見聞きしてきたことを話す。イゼルカントを否定するフリット。相手を全滅させることが正しいのかと問うキオに、狂ったイゼルカントに従うヴェイガンは敵だと断言するフリット。作戦会議にて、連邦の主力がヴェイガンの地球侵攻に対応させている間にルナベースは陥落していたことが判明。ルナベースの司令官がヴェイガンに寝返っており、工作員が多数入り込んでおり、ヴェイガンの攻撃と同時に決起した模様。ルナベースにディーバを向かわせていたのもヴェイガンの偽装作戦だった可能性があるとか。AGE-FXも完成。ここで、回想が終了し、戦闘開始。キオはAGE-FXで極力不殺で戦う模様。一方、フリットはプラズマダイバーミサイルという高威力破壊兵器を使い基地ごと吹き飛ばすと言い出す。アルグレアスには許可を取り、規定の手順を踏んでいるというフリット。ルナベースを連邦勢力に戻さねば均衡が崩れると判断したアセムも参戦する模様。ルナベースにはゼハートもいる模様。更にイゼルカントはケージの中で眠る男に最後の仕上げを託すことになりそうだと語りかけ、次回へ。
 さて。
 何か情報量が多いからツッコミどころも多いぞ!
 冒頭のキオの「ガンダム、僕に力を貸してくれるよね?」ってのがバナージのパクりにしか聞こえねぇ(;´д`)
 これはどうでもいいか。まぁ、AGE自体がもはやどうでもいいっちゃいいんだけど……(爆)
 ルナベースが何故か陥落していて奪還作戦になってるのはどういうことだと思って見ていたら後半で説明が。どうやら司令官が内通者で裏切っており、地球侵攻に合わせて引き込んでいた工作員を決起させて掌握したらしい。ほんっっっとーにこの世界の軍はザルだな。ていうか司令官が裏切るってどんだけ腐った軍なんだ。というか何度も言ってるけどアセム編最後のフリットのクーデターと政府再編なんてまったくもって無意味じゃん
 まぁ、地球圏がヴェイガンにほとんど制圧されてるってのに月面の基地が無事だってのがまともに考えたらおかしいんだけど。ぶっちゃけ、そんだけの勢力なら内通者がいたとか関係ない気がするんだけど。
 で、キオとアセムは地球圏に戻ってきて一息。
 ウェンディは幼児人組を親の下へ引き渡してたりするけど、そのコロニーってヴェイガンの手は伸びてないの?
 なんつーか、勢力関係の情報がほとんどないからイマイチ状況が安全なのかどうか分からない。ヴェイガンがどの程度地球圏を制圧しているのか、連邦勢力はどの程度残っていて、挽回は可能なのかとか、そういうのがぼんやりとでも察せられるような情報ないんだよね。制圧されてないコロニーがどれだけあるのかとか、これから制圧される危険性とか、雰囲気さえ掴めない。
 ロマリーは海賊やってるアセムに対して文句とかないのか。
 地球圏に戻ってくるまでに、キオはアセムにイゼルカントの真意やヴェイガンの状況を話し、地球圏ではキオもアセムもフリットと会話。
 なんつーか、イゼルカントも狂人だったけど、フリットも狂人だわな。
 フリットはヴェイガン殲滅以外頭にない。
 アセムは現状維持の問題先送り。
 キオは極力敵を殺さずに戦争終結の道を模索。

 といったところだけども。
 頭ごなしにキオもアセムも否定して怒鳴りつけるフリットはもはや頭の凝り固まった頑固ジジイそのもの。どんだけユリンのこと根に持ってるんだというか、ここまでユリンに執着するならもっとフリットとユリンの描写をして欲しかった。紙芝居と挿入歌での思い出作りなんてチープ過ぎる。というかほんと何でエミリーと結婚したんだか。え、ゲーム版?買わねぇよ!(゚д゚)
 アセムが海賊になった経緯は、戦闘で重傷を負ったところを拾われて行動を共にする間に色々知ったから、というもの。EXA-DBのことだけでなく、連邦内の不正や内通、ヴェイガン側の状況とかまで知ったらしい。で、このまま連邦で戦うことが正しいのか分からなくなり、自分なりの考えとして、「大規模戦闘が起きぬように双方に介入して勢力バランスを保ち均衡させることで被害を抑える」という結論に至ったらしい。
 (´゚д゚)何寝言言ってんだこいつ。戦争を膠着状態にするって、単に泥沼化させるだけじゃねぇか。どの道戦争状態が長引けば双方疲弊して総合的な被害は増えるぞ。戦争ゲームじゃねぇんだから、資源とか物資の枯渇とか国力の疲弊とか考えたら長引かせるとか戦争として避けるべきところだろうに。
 疲弊し切れば最終的に戦争を諦めるとか思ってるんだろうか。双方が同じように疲弊していくとしても、戦争の原因が根本的に解決していないなら終わるわけがない。一般人、女子供が徴兵されるようになったりとか、社会的に酷くなってくだけだぞ。
 結局、現状を維持して問題を先送りしてるだけで何の解決にもならない。これならまだ敵を全滅させるっていうフリットの考えの方が現実的だわ。どんだけ非人道的でも、敵がいなくなれば戦争は終わるってのは間違いないし。
 キオの方はようやっと自分で考え始めた段階って感じがする。フリットの洗脳教育が解けた感じ。とはいえ、殺さずに戦争を終わらせる方法を探す、というのは理想論ではある。でもまぁ13歳の子供だってことを考えれば、アセムやフリットほどツッコミはないか。どういう結論に達するのかが見物だけど。
 で、地球圏到着からルナベース奪還作戦までどれだけの期間があったのか知らないけど、AGE-FX完成。
 フォロー・Xラウンダー、Xラウンダーについていける、でFXとのこと。Cファンネル(カッターファンネル?)とやらを搭載したXラウンダー用ガンダムだとか。何のことは無い、GNソードビットだった
 で、実際に戦闘が始まったらFX無双状態。Cファンネルで首を刎ねてパイロットを生かしたままどんどん撃破。ミサイルみたいなのもキオ一人で全部撃破。
 もはやFX一機で十分なんじゃと感じるぐらいの活躍っぷり。
 (;´д`)ほんと、毎度毎度新機体はオーバースペックだな……。
 殺さずに戦ってるキオに対し、フリットはまた大量破壊兵器っぽいものを使用するとか言い出す。その名もプラズマダイバーミサイル。……何かさぁ、何か凄そうな名前付ければ強力な兵器になるとか勘違いしてるんじゃねーの?
 そういうのが頻繁に出てくけど、毎回毎回名前のイメージが兵器とかじゃなくて必殺技とかに近い気がするんだけど。コロニーデストロイヤーとか、運用面でも威力的にも問題有りまくりで名前負けしまくってるものもあったし。
 割と萎えるんだけど。
 ていうか、これキオごとルナベースぶっ壊すことになりかねないけどいいのかフリット。言うこと聞かない息子と孫は要らないってか。
 ルナベース戦に介入しようとするアセムに、ルナベース内のゼハートに、緑髪のイノベイドっぽいのに、イゼルカントが培養(?)してるイノベイドっぽいのとか、何か終わり間際で慌ただしいな……。

 相変わらず、面白いと感じない。
 何だろう、同じ戦争に関係するアニメだと最近始まったマブラヴオルタネイティヴ・トータルイクリプスのアニメ見てるとAGEみたいな不満感まったく抱かないんだけど。
 情報量が少ないとは言ってきたけど、何か違う。詰め込めばいいってもんじゃない。いや、別に中身のある情報が詰め込まれているかというと疑問なんだけどさ。
 今回40話、最終話は何話になるんだろ……。
スポンサーサイト



テーマ:機動戦士ガンダムAGE - ジャンル:アニメ・コミック

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP