FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レビュー:ガンダムAGE第三十八回
 というわけで三十八回目。
 相変わらず話が全然進んでない。
 
 
42.第四十二話「ジラード・スプリガン」
 第一印象「( ゚д゚)……ジラード、こいつ要るの?」
 冒頭は前回のおさらい。オープニングを挟んで戦闘にジラード参戦。ジラード機は無線誘導系武装搭載の模様。ガンダムと戦い、復讐するのがジラードの目的な模様。フラムと戦闘中のキオの下へジラードが介入。ジラードのビットがフラムを牽制し、その場に駆け付けたセリックがフラムと、ジラードとキオが戦闘に。ジラードとフラムは険悪。ジラードとキオは一瞬共感。アセムはゼハートに、イゼルカントが優れた人間の選別をしているのだと呼びかける。キオはジラードに戦争を止めさせたいと呼びかける。ディーバではジラードの経歴が判明、AGE-1の強化改修も完了するとのことでフリットも出撃。プラズマダイバーミサイルの用意もしておけと言い残すフリット。ジラードの本名はレイナ・スプリガンで、連邦のテストパイロットだったが、同じテストパイロットの恋人がXラウンダーの能力を増幅する新システムのテスト中、出力上昇に伴い体の自由が効かなくなり、暴走、デブリに衝突して死亡。軍は恋人の死を、指示に従わなかった故の暴走として隠蔽したことがジラードの裏切りの理由。キオとジラードの戦闘中、セリックたちを振り切ったフラムが再び乱入。追い詰められたキオの下へフリットが乱入。キオはフリットを制止しようとするも、フリットは頑なに敵は殲滅すると言い放つ。ジラードが気合を入れた瞬間、キオ、フリット、フラム、ゼハートがプレッシャーのようなものを感じ取り、ジラード自身にも何か違和感が発生して次回へ。
 さて。
 元連邦軍エースパイロットのジラードに焦点が当たったわけだけど、ぶっちゃけ、こいつの必要性を全く感じない
 ていうかもう話自体終盤もいいとこなのにこんなぽっと出のキャラの掘り下げとかやってる暇あんの?
 ガンダムに執着して復讐うんたらってゼハートが釘刺してたから、フリットやガンダム関係に何か恨みがあるもんだと思ったら全く関係ないし
 ガンダムに執着する理由がまったく分からない。回想も無駄に長いし、連邦も汚いことしていたアピールにしてはなんつーか、ショボい。そのXラウンダー用新システムとやら普及していて、その初期の実験の裏でこういう経緯があったとかならまだしも、その新システムなんて今回の話の回想でしか出てきてないし。あ、でも良く見るとこれジラードのパイロットスーツが新システム搭載型なのか。ぱっと見じゃ分からんわ。
 しかも裏事情を知ったテストパイロットを口封じしないでそのまま軍に在籍させる連邦も馬鹿としか。テストチームのスタッフも見てれば二人が恋仲なんて分かるだろうに、そんな状況で生き残った片方に真相知られたり、口止め昇進させたりとか手ぬるいわ。
 で、これでどうしてガンダム系MSに対して拘るのか分からん。
 あ、あとこいつの機体のビット、外す前に前方へ向ける動作いらなくね?
 それとドリル的な近接攻撃は必要なのか?
 普通にビームのが強いと思うんだけど。わざわざ回転機構とか付ける方が無駄な気がする。 
 しかもこれエンディング後の機体紹介見るとマッドーナ工房製だそうで。もうマッドーナ工房あればEXA-DBなんて要らないんじゃねーの。ていうか連邦は新型機の設計開発能力はないのかよ。エース用のカスタム機とかほとんど外部工房製じゃん。
 で、今回の話はジラードに関することが中心で、戦況の進展はなし。フリットが出撃したぐらい。
 (´゚д゚)話進むの遅ぇよ!
 あと何話やるか知らねぇけどジラードなんて使い捨てキャラだろうに、こんなのに時間かける必要あんのかよ。
 しかも、ジラードの裏切り理由だって、キオ編で早々に退場したシャナルアの妹関係だったのをゼハートに拾われたとか、シャナルア関係にすればガンダムに執着するのも自然だし、和解させる展開にしても死亡する展開にしても中々良い感じにできそうなもんなのに……。
 こんな過去設定じゃメインストーリーとの接点なんてほとんどないじゃねぇか。
 結局、ジラードがこうなった経緯で今回の話終わっちゃったし、戦況が全く進んでるように思えない。ルナベース攻略戦長過ぎ。こんなんならジラードの過去なんてもっと短くできんだろ。手早く済ませてさっさと話を進ませろよ。
 キャラクターの掘り下げは重要だって言ってるけど、そうじゃないだろ。別にこういうキャラクターがいてもいいとは思うけど、こういうメインストーリーに絡んでない過去のあるキャラこそ外伝とかで深く書くべきだろ。
 ここまで登場の必要性の感じないキャラクターだと見当違いもいいとこだ。
 連邦側にも腐敗している部分があるから和解は難しいとか、そういうアピールのつもりにしても、話を間延びさせてるようにしか見えない。連邦側の腐敗とかなんて、むしろ連邦から離脱したアセムが口にしてアピールすべき部分だろうし。今更、使い捨てのキャラ出してまでやる必要は感じない。
 やたらフラムにつっかかるジラードとか、相変わらず敵はぶっ殺せスタイルのブレないフリットとか、もはや見ていてイライラしてくるな。どうでもいいから戦局を進めろと。
 いや、フリットのブレなさはある意味いいことなんだけど。
 最後のプレッシャーみたいなのも、Xラウンダー能力のないアセムだけ置いてけぼり。Xラウンダーに影響のある状況の中でも一人だけ影響なく戦えるのって意外と長所だよね。Xラウンダーとしてもパイロットとしてもトップクラスのゼハートと旧式AGE-2の改修機で互角に戦えてるし。まぁ、ゼハートは結局のとこ戦況的には負けてばかりだけど。

 今回は戦闘シーン、動きはそこそこ良かったかな。
 ぶっちゃけ、褒めるとこがそこしかないんだけど
 まぁ、相変わらず被弾してもガンダムとかが無傷なんだけど。
 話が全然進んでないから書くことがジラードの必要性ぐらいしかねぇや
 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
スポンサーサイト



テーマ:機動戦士ガンダムAGE - ジャンル:アニメ・コミック

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP