FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レビュー:ガンダムAGE第三十九回
 というわけで三十九回目。
 来週は用事があるのでレビューするの2、3日遅れそう。と思ったら来週って休みなんだ。
 \(^o^)/やったー! 見なくて済むぞー! 
 
43.第四十三話「壮絶 トリプルガンダム」
 第一印象「( ゚д゚)……どこが壮絶?」
 冒頭は前回のおさらい。キオに向けたフラムの攻撃をフリットが防御、カウンターのビームをフラムが被弾。ゼハートはジラードに撤退しろと進言。アセムも追い付き、3対3に。何故かジラードはガンダム3体と戦えることに興奮。一方のセリックは地道に接近中だが抵抗が激しい。降下部隊は被害甚大、戦線維持が厳しい。アルグレアスはフリットに連絡を取る。フリットは戦線が崩れた時点でプラズマダイバーミサイルを使用しろと指示。判断を任されたアルグレアスはひとまず最大限支援するよう部隊に指示。セリックは敵の配置から基地内部の構造に手を加えていることに気付く。アルグレアスはプラズマダイバーミサイルを20分後に撃つと言い、ナトーラからセリックに通信が。同時にフォトンブラスターの発射指示があったというナトーラに、セリックはプラズマダイバーミサイルを撃つまでの20分で基地を制圧しろというアルグレアスの意図に気付く。フォトンブラスターで基地の防衛部隊に穴を開け、ルナベース内に突入。隔壁は強化されているが予備管制センターを確保し、生きている回線を発見、ルナベースの指揮システムにハッキングをかける。一方、キオと交戦中のジラードは突如発狂。アセム以外が反応。Xラウンダー能力持ちの機体が制御不能となり、ジラードの意思でビット系兵器が支配下に置かれる。フリット曰く、Xラウンダー能力が暴走し、他の能力に干渉しているとのこと。ルナベースの基地司令は一人脱出艇で逃げようとする。ジラードの事故の隠蔽やジラードを唆してジラードと共に寝返ったのも基地司令自身が生き延びるためだった模様。脱出艇を発進させようとしたところでセリック達がシステムを掌握、プラズマダイバーミサイルで狙われていることを基地内に通達、セリックは自分たちもろとも吹き飛ばす用意があるとハッタリを言い、交渉。キオはジラードの説得を続けるが、フリットの攻撃により死亡。セリックの交渉の結果、将校すべてが捕虜となる代わりに他の兵の脱出は認めるという条件の下、ヴェイガンは投降。戦闘は終了。撤退しようとするゼハートとフラムに攻撃しようとするフリットをキオが止める。基地司令は見捨てられ、フラムにより処分。ゼハートはセカンドムーンが地球圏に達したと言い、次回へ。
 さて。
 何かサブタイトルが全く内容に反映されてないな。壮絶さは全くないし、ガンダム3機も連携取れてるとは言い難いし。
 Xラウンダー能力が暴走すると他のXラウンダーの能力に干渉することができるらしい。
 (;゚д゚)それってユニコーンのNT-Dのサイコミュジャックのパクりじゃん
 まぁ、こういう状況下ではアセムが活躍できそうではあるが、今回は全く見せ場が無かったな。ゼハートがジラードを庇わなければアセムがジラードを撃破していただろうけど。
 しかし、戦闘に関してはキオが「分かり合えるはず」を連呼していて若干うざったい。殺す気がないからああいう状況ではほとんど役立たずだし。
 そもそもアスノ一家自体が理解し合えてないのに何を言ってるんだ。戦闘に置いても連携取れてるようには見えないし、トリプルガンダムとかアホかと。
 で、一方大活躍のセリック隊長。アルグレアスの意図を見切ってナトーラに指示出して、ルナベース内のヴェイガンと交渉して、しかも成功、投降させてプラズマダイバーミサイルを使用させず戦闘終了に導く大活躍っぷり。
 ていうかフォトンブラスター、そんだけ威力あんだからもっとそれで援護してやれよ……。
 基地司令はただのクズだった\(^o^)/
 事故の隠蔽やなすりつけと生き延びたジラード唆して一緒に寝返ったのも何か魂胆があったのかと思いきや、ただ生き延びたいがため。どうしようもねぇ小物だった。ていうかジラードが復讐すべきだったのってこの基地司令なんじゃ……。
 で、中破したゼハート機を抱えて撤収しようとするフラムを撃とうとする外道フリット。
 まぁ、ジラードを撃ったことで次回辺りキオとフリットが決別しそうではある。が、AGEは予想以上にイミフな展開が多いし予想とか無意味だね
 とはいえ、あの状況じゃあ放っといてもどのみち自滅しそうだったし撃墜しか手がないわな。ていうかキオは分かり合う前に敵を戦闘不能にして戦意を削いだ方がいいと思うんだけどな。五体満足で反撃してくる敵に防戦一方で和解を訴えるとかは流石に無理があり過ぎる。
 で、セカンドムーンが地球圏に到達したとか。
 動けたんだ、あれ。
 戦場どうするんだと思ってたらヴェイガン総出で地球に来やがった。まぁ、展開的にはそれぐらいしか手がないわな。今からまた火星に行く、とかじゃ時間がかかり過ぎるだろうし、手っ取り早く最終決戦と行くならもうヴェイガン本隊が地球に来るってのが一番ではあるが。

 しかし、ぽっと出の敵キャラにキオが感情移入し過ぎな気がするなぁ。専用機のあるエースだからっていうのはちょっと不自然だわ。同じような経緯のある一般兵だって中にはいるだろうに、わざわざ敵エースとだけこうやって延々と説得続けるのが不自然過ぎる。一般兵なんかコクピットのある頭部だけ切り離して放置なのに。
 それにジラードの死ぬ瞬間に何でゼハートが出てきたんだか意味不明だ。そこは恋人の方のジラードが出てこいよ。正義を貫いたとか抜かしてるけど、憎悪と復讐しかないってジラード本人も言ってたじゃねぇか。矛盾してんぞ、おい。現実のゼハートも「哀れな女」呼ばわりだし、これただのジラードの妄想じゃん
 アセムのアドバンテージをもっと強調してやっても良いと思うんだけど、そうでないならジラードなんてほんと要らないキャラだったなぁ……。
スポンサーサイト



テーマ:機動戦士ガンダムAGE - ジャンル:アニメ・コミック

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP