FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Gレコ3話
 ちょっと遅くなりましたが3話を見ました。
 ネタバレ注意。
 
 
 『第3話 モンテーロの圧力』
 前回までと比べると少々大人しい印象の内容でしたが、物語的には着々と進んでいる感じですね。
 キャピタル側の上と下の認識の違いとか、上層部やお偉方は色々と事情を知っている雰囲気もあります。海賊側もキャピタルタワーやそれに付随する施設を直接攻撃するようなことは望んでいない模様ですね。だからこそ、キャピタル側も本腰を入れて敵を殲滅する、といった形にはなっていないという印象です。
 アイーダが捕虜としては破格の待遇を受けていたのには何か裏がありそうな気がしないでもないですが、大佐が何を考えているのかがまだ分かりませんね。G-セルフやその搭乗資格について何らかの情報を握ってはいるようですが、ベルリ、アイーダ、ラライヤをG-セルフに乗せてみたりするなどやや不可解な行動も見られます。
 アイーダは前回死亡したカーヒルに対してかなりの信頼を寄せていたようですが、海賊の本隊側、というかクリムなどはそこまで心酔してはいないみたいですね。クリムもクールだったり狂った感じのキャラだったりするのかと思いましたが意外とコミカルなキャラでした。アイーダからの印象はあまり良くないようですが、どういう立ち位置になるのか、今後に期待というところでしょうか。
 クリムの襲撃に乗じてキャピタルを飛び出す形になったベルリがどうなるのか、気になりますね。
 MSのトイレ描写についても、宇宙世紀ではノーマルスーツにオムツが着いているなんて設定があったりした気がしますが、Gレコ時代では普通にトイレ化していますね。やはりオムツみたいな形だと出しっぱなしでは気持ちが悪いということなんでしょうかね。

 気になることは増えつつも話は進んでいて、テンポも良いですし、面白いですね。
 予告ではG-アルケインも映っていましたし、戦闘シーンがどうなるのか楽しみです。
スポンサーサイト



TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP