FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Gレコ4話
 というわけで4話を見ました。
 
 
 『第4話 カットシー乱舞』
 海賊側に渡ることになったベルリはG-セルフを動かせるということで一目置かれつつも、キャピタル側の人間ということで色々質問されたり監視されたりすることに。
 一方のキャピタル側は運行長官の息子であるベルリ救出を名目にキャピタル・アーミィを設立させつつ海賊への攻撃という大義名分を得て動き出してます。当のベルリの母親も軍の設立には反発的で、教皇とやらも何か言っていたようですがそれに対する意見は述べられる前に次のシーンへ。
 天才と言われながらもG-セルフを動かせないクリムはベルリに興味があるようで、G-セルフの運用テストのようなことをやらせますが、そこにデレンセン率いる部隊が襲来。
 ベルリはノレドやラライヤが船にいることを理由に、自分が話を付けて戦闘をやめさせようと出撃を希望。G-アルケインで出撃できないアイーダはベルリを信用して武装を持たすよう指示を出す形に。クリムは正面から仕掛けてくるカットシーを撃墜していきますが、ベルリは教官だったデレンセンの作戦を読んで上空からの本隊の前に飛び出すものの、ミノフスキー粒子散布下のため通信は通らずベルリの言葉は届きません。デレンセンはベルリが乗っていることを知らぬまま攻撃しようとするものの、窮地に陥ったベルリがまたもG-セルフの何かしらの機能を発動させて3機のカットシーを撃退、デレンセンは撤退し戦死した部下のために涙を流すことに。
 その後、G-セルフのコアファイター機能が解放されたり、アイーダがG-セルフのコクピットで手に入れた金色のエンブレムのようなものに対して疑問を持ちつつ、今回は終了。
 それにしてもサクサク進む割に色々と情報が満載な4話でした。
 前回と今回で、『科学技術発展はタブー』であることが語られていたり、キャピタル・アーミィの存在がキャピタル側でも色々伏せられていたり公にされていなかったり様々な思惑や事情が絡んでいそうな感じがありあり。
 海賊側も艦長たちとの会話でアメリアと繋がっていることがはっきりしつつ、G-セルフやラライヤの出自については把握できていない部分が多々あることも判明。
 G-セルフに最初乗っていたのがラライヤであることは間違いなさそうですが、その目的が海賊へのG-セルフ引渡しにあったのか、それとも別なのかは未だ不明。どこからか海賊に引き渡されたG-アルケインと同系列の機体ではないかと推測されているようですが、まだ不確定なところが多い感じですね。
 海賊含む反キャピタル側の主張としては、フォトンバッテリーを独占しているキャピタルをどうにかして、エネルギーや物資などを誰もが平等に恩恵を得られるようにしたい、という感じでしょうか。前回の大佐はどこかが統括して管理しなければ争いや衰退が起きるという考えを示していましたが。
 科学技術の発展がタブーとされる状況で、G-セルフやG-アルケインは明らかにタブーに抵触するような機体です。それらを設計したり開発したりしているグループがどこかにあり、そこから流れてきている、あるいは流されてきている、といった状態みたいですね。
 裏事情はさておき、戦闘面ではクリムとモンテーロの実力の高さもさることながら、デレンセンの技量の高さがそれを上回っていることを描いています。デレンセンの下で候補生をしていたベルリが作戦を読んで先回りしたのもベルリの才覚を匂わせています。
 また、デレンセンの撤退判断の潔さや鮮やかさと、それができるのは優秀な指揮官だとクリムに言わせるのも納得しやすいですね。
 ミノフスキー粒子による通信障害によりベルリの声がデレンセンに届かないというのも効いています。途中で通信障害が起きていることに気付いていない辺り、ベルリは技量などはともかく戦闘関連では素人だというのが良く分かりますね。
 カットシー3機に囲まれた際のG-セルフの謎機能は何なんでしょう。2話の最後に見せたエフェクトと違って、カットシーのビームライフルがひしゃげたりと、今回は完全に物理的な破壊力を持っていました。機体を中心に球状に展開している辺り、Iフィールドバリアやバイオフィールドを想像してしまいますね。手をかざすようにして発動したベルリのセリフや行動も、事前に知っていたとは思えず不可解なものを感じます。
 その後のコアファイター機能解放の場面でも、ベルリとアイーダが機体をチェックしている時に胸に痛みのような違和感を抱いたりしていたりと、まだ色々と謎が示唆されています。

 また色々と情報が出ては謎が増えているので次回が楽しみです。
 ライトな雰囲気で進んではいるものの、今回の戦闘で7人も死亡者が出ているのが驚きです。ベルリたちがまだ現状や戦闘に対して深刻でないせいもあるのでしょうが、重くなり過ぎず、かといって不自然には感じないこのテンポの良さは凄いですね。
スポンサーサイト



TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP