FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

GE2RB感想
 ゴッドイーター2レイジバースト(長いので以下GE2RB、あるいはRBと省略)をひとまずRB追加分のメインストーリークリアのスタッフロールを見るところまで進めました。
 その上での感想やらレビュー的なものを書きたいと思います。
 一応ネタバレもありますので注意。
 
 
 まず、前作GE2までと比べると、「かなり色々と変わったなー」という印象でした。
 体験版の時点で、RBの目玉とも言える「ブラッドレイジシステム」もさることながら、「ダメージ数値の視覚化(オプション設定でオンオフ、表示サイズ変更可)」と「ミッション選択時点での報酬一覧の確認可」「複合コア強化の廃止」「スキルインストール」「バックアップスキル」と、細々したバランス調整の他にもぱっと見て変わったと思えるところが多い印象です。
 ブラッドレイジについても、誓約選択中は無敵だったり、ダメージの視覚化もあって誓約履行状況が分かりやすかったりするのもストレスフリーです。ブラッドレイジの発動中はあらゆる行動の高速化、ステップをステップでキャンセルして連続ステップによる超高速移動可、攻撃力上昇、スタミナ消費減少、オラクル消費減少、無敵化、とプレイヤーが超強化さるため、乱戦時や強敵とのタイマンにおいても切り札になりえますし、爽快感があります。
 ブラッドレイジを実戦で使って見て「ラグナロクオデッセイエースのダーインスレイヴに似ている」と思いました。あちらは発動中にHPが減り続けたり、攻撃でHP吸収できたり、発動中は通常攻撃が延々とループする、被弾はする、等、厳密には違うところもあるんですが、ステップ含めた全行動をステップでキャンセルできたり高速化したりする辺りや、ダメージが視覚化できるようになったところもあって、似ているなーと感じた次第です。
 ミッション選択の時点で報酬素材の一覧とその確率、発生条件まで見られるのも驚きました。欲しい素材が出るかどうかを先に確認できるのはありがたいですね。確率や条件も表示されているので、バックアップメンバーの支援効果も絡めて欲しい素材を狙いに行けるのは良い感じにシステムがマッチしていると思います。バックアップスキルで部位破壊条件無視を持たせたメンバーを連れて行く等で、武器属性の相性などで部位破壊を狙い難い場合にカバーしたりとか。
 前作での複合コアによる強化は、ミッションランク毎に自分の武器を強化できるというメリットはあったものの、複合コア作成の手間や中々変わり映えしない武器の見た目もあって不評だったようで、廃止されています。
 代わりに登場したスキルインストールですが、これはミッションクリア時に現在装備している武器種に準じて手に入る遺された神器を、同系列の武器種に合成することでスキルを変化させていくシステムです。
 GE2RBでは、武器それぞれに最大4つのスキルを付けることができ、スキルインストールによって元々付いていたスキルさえ上書きして自由にスキルを書き換えることができます。このシステム導入にあたり、スキル関係のシステムもちょっと変化していて、レベル制になっています。同じ系列のスキルが重複すると、レベルの値が加算されたものが実際に発動するスキルレベルとなり、近接武器に体力Lv5が、銃に体力Lv3がついていれば実際にそれらを装備すると体力Lv8が発動する、といった形です。それぞれスキルによってレベルの上限まで加算され、オーバーした分の効果は発揮されません。また、レベル10で発動といったスキルもあります。
 遺された神器についているスキルの中には複数のスキル効果を併せ持つ複合スキルも多数存在し、思っていたよりも高レベルの複合スキルが出やすい印象です。時折手に入る+1の遺された神器を合成に使えば、装備の性能を最大+30まで強化することもでき、前作での複合コアによる強化段階はこの+の数値で再現されて引き継がれています。

 新武器のヴァリアントサイズも使ってみていますが、ショートやロングとはちゃんと差別化されていて、食い合ったりはしていない感じです。
 サイズの□攻撃は発生が早くリーチが短いのですが、ショートよりは遅く、ロングよりは早いといった具合で、△攻撃はリーチが長くなり発生が遅くなりますが、ロングより遅く、バスターより早いといった印象。△攻撃のリーチ自体はロングよりも長くなるのですが、サイズの特性上、先端部分の威力が高くなるため、ロングとは違った立ち位置で攻撃しなければ最大ダメージを出せません。□も△も、モーションの軌道や打点の位置がショートやロングとは違っています。
 特殊攻撃の展開状態では驚異的なリーチで水平攻撃や垂直攻撃を繰り出すことが出来ますが、これまた先端に行く程ダメージが高くなる特性があり、しっかりと火力を出すなら位置調整が必要です。
 手数自体はショートに軍配が上がり、立ち回りのし易さではロングが上で、一撃の威力もバスターに劣る、と3種類の剣それぞれに比べてマイナス面がしっかりあります。ただ、多くのアラガミが持つ敵本体中心の範囲攻撃の外から当てられる攻撃が非常に多く、大抵の場合はその位置で当てることで先端部分を複数ヒットさせられたりします。
 私の感想としては、「3種類のリーチを活かし、敵からの攻撃は食らわずにこちらの攻撃は当て続ける立ち回りが重要な武器」といったところでしょうか。
 中々立ち回りが難しい部類ではありますが、他の武器を食っているというわけでもなく、使っていて中々面白い武器だと思います。
 特殊攻撃はヒット判定が多く、複数ヒットすることや、敵の攻撃範囲外から当てやすいこともあって、ブラッドレイジの自分だけでなくマルチプレイ時に他プレイヤー誓約履行にも中々貢献し易い気がしますね。

 追加分のストーリーについても、難易度14のストーリーミッションをクリアしてスタッフロールを見た段階ではありますが、前作のストーリーと比べたら中々楽しめる内容でした。
 早々に退場してしまったロミオがここまで関わってくるとは思いませんでしたし、ただの電波キ○ガイだったラケルがかなりラスボスらしくなったりしていますし、中々熱い展開もあり、結構面白かったですね。ラケルに関しては若干ホラーな感じもありましたけれど(笑)
 ロミオが復活する結末についても、終末捕食によってブラッドの全員が一度死んだ上でブラッドレイジの誓約履行により生命の再分配によって再構成されたとすれば、ロミオの神器の中にあった血の情報から本人が再構成されたと考えることができなくもないですね。何かと不遇というか薄幸というかなキャラでしたし、復活は良かったと思うところもあり、ちょっとやり過ぎというか御都合主義っぽいところがあるようにも思えたり、賛否どちらにも頷けてしまいますね。
 とりあえずクジョウはあからさまに重要な役目を与えてはいけない人物だと思ったんですが、そういう人を使わざるを得ないほど人材不足ってことなんですかね(笑)
 個人的には、ブラッドレイジというゲームシステムを上手くストーリーに絡ませたなーと思っています。
 前作のストーリーは後半のユノや歌の関係がかなり無理矢理感がありましたが、歌関係のスポンサーとかの手前、そうせざるを得なかったのかもしれません。シナリオ担当が変わったらしいというのも大きいのかもしれませんが。
 何にせよ、RB分の追加ストーリーは割と楽しめました。

 新要素などを中心につらつら書いてきましたが、全体的にはかなり面白くなっていると思います。
 ブラッドレイジがありながら難易度もちゃんとありますし、追加されたアラガミもただ強いだけじゃなく隙がしっかりありますし、ダメージの視覚化により弱点部位や肉質も分かり易い。NPCのAIも良く出来ていて、かなり優秀に思えます。
 バックアップメンバー含めてNPCのカスタマイズ要素もかなりあり、スキル構成を変化させたりと自分好みに設定できるのもソロや身内プレイ中心でNPCを同行させる人にとっては嬉しいところなんじゃないかと思います。
 スキルインストールによるスキル構成の自由度も凄まじいことになってます。元々あったスキルを上書きして消すこともできるため、武器を見た目で選ぶこともできますし、スキルインストール画面でスキル構成を考えているだけで時間が過ぎて行きます(笑)
 ブラッドレイジによるプレイヤーの時限超強化と、スキルインストールは凄い楽しいシステムだと思います。
 属性エフェクトがついたことや、属性概念の変更もあって、装備やスキル構成を考えるのが楽しくなっています。

 ちょっとMH4Gをディスる話になってしまいますが、お守りとかはこのRBのスキルインストールのように合成してある程度好き勝手にカスタマイズできるようにすべきシステムな気がします。極限化も、プレイヤーがブラッドレイジを使えて初めて成立するようなゲームバランスじゃないでしょうか。
 簡単に倒せるからつまらない、短時間で倒せるから難易度が低い、って訳でもないと思うんですよね。
 クロムガウェインは見た目的にあてつけなんじゃないかと思えても仕方ないぐらいのデザインしているとは思うんですが、戦ってみると別物ですし、色々と良く考えられているのが分かります。

 そもそも、ゴッドイーターというタイトルはプレイヤー側が既にそれなりに強く設定されています。設定上でも、ゲームシステム上でも、プレイヤーは単体のアラガミに対しては割合優位に立てます。
 ぶっちゃけて言えば、2体程度なら乱戦になっても対応できるだけの基本スペックは備わっているように思います。リンクバーストやGE2からのブラッドアーツの存在もあって、プレイヤー結構強いですし。
 3体以上となると流石に厄介ですが、前作ではその3体以上の乱戦が結構多かったんですよね。今回はブラッドレイジやスキルインストールによるスキル構成次第では対応し易くなっている印象です。乱戦時のスペックアップスキルも高めればその状況ではそれぞれ最大20%と強力ですし、何より一定時間無敵になれるブラッドレイジが乱戦時には非常に強力で、有用です。ブラッドレイジを発動して一気に畳み掛けて敵の数を減らしたりするのは、ダメージ数値の上昇が目に見えていることもあってかなり爽快ですし、ダメージ数値の色やBGMが変わる演出なども面白いです。それでいて、サバイバルミッション等では後半ミッションのためにブラッドレイジを温存するためにブラッドレイジを使用せずに立ち回って戦うこともできますし、勿論ブラッドレイジを使わずにクリアできるようにもなってます。強力かつ爽快ですが、決してバランスブレイカーになっていないと感じるところもポイント高いです。
 戦っていて楽しい、戦うのが楽しい、そのためにあれこれ考えるのが楽しい、っていうのが良く分かります。

 FF14がゴールドソーサー実装で色々遊びが増えてそっちもやってるんですが、GE2RBもまだまだ遊べそうです。
 新武器やストーリークリアを優先してましたが、バレットエディットも調整入ってて色々変わっているようなのでガンナーとしてはそっちも見直さないと……。
スポンサーサイト



テーマ:GOD EATER - ジャンル:ゲーム

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP