FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2ヶ月ぶり^q^
 随分長いことブログの更新をしていませんでした。
 どうにもこういう継続的な更新は苦手なようです。
 とりあえず、これまでに見ていたアニメや漫画の感想・レビューなんかとずらっとまとめて書くことにします。
 
 
 私が見ていたアニメとしては、『Gのレコンギスタ』『アルドノア・ゼロ』のTV放映が終了しました。
 ロボアニメとしては『シドニアの騎士 第九惑星戦役』が第二期として開始していますね。
  
 まずは『アルドノア・ゼロ』から。第一期の時点から何とも言えない微妙さを漂わせつつも、「つまらなくはない、けれど、面白いかと言われると微妙」という何とも中途半端な感想を抱いていました。
 戦闘シーン自体はCGモデルを使用しているだけあって、作画が崩れたりするようなこともなく、安定していました。
 問題はシナリオの内容でしょうか。
 地球と火星の二つの勢力があり、謎の超エネルギー「アルドノアドライブ」を持つ火星側が単機の性能では圧倒的に有利という状況で、地球側は通常の科学技術の延長線上ともいえる通常カタフラクトで如何に対応していくか、というのが戦闘においてもシナリオにおいても重要と思われるポイントでした。
 が、蓋を開けてみると、終始主人公であるイナホが火星騎士の機体の特性を分析、弱点や打開策を発案して攻略していくという展開ばかりで、マンネリというよりは見せ方が上手くない印象が強かったです。第一期序盤の三話までは、軍人である大人たちがほぼ壊滅させられて孤立した状況下で群を抜いて頭が良く論理的な思考力を持つイナホが仲間たちと協力して強大な敵を倒すという流れだったので特に違和感はありませんでした。問題は、その後イナホが軍と合流した後も、それまでと変わらないノリが続いてしまったことでしょうか。既に火星騎士の機体には何らかの特殊機能があるというのに、ほぼ無策に突っ込む大人たちと、イナホが出撃してからの一方的にも見える攻略具合が、イナホを立てようとし過ぎた結果、周りが無能揃いに見えてしまう構図を作り出してしまいました。第一期での衝撃的な結末から、第二期では登場人物がどうなるのかが気になっていました。
 イナホを失った地球側と、アセイラム姫を失った火星側、一人残ったスレインはどうするのか、と密かに期待していたところもあります。開始早々、イナホはアナリティカルエンジンなる超性能CPUを義眼にして復活し、アセイラム姫だけでなくザーツバルムも生きていて、と色々と呆れてしまうような内容でした。
 第一期では立ち位置の不安定だったスレインが頑張り始めるものの、理解できなくはないが共感はできないその姿勢と、第一期よりもチート感の増したイナホの無双具合にややげんなり。そしてエンディングの展開にも悪い意味で衝撃を受けました。色々と飛び抜けているとはいえ一般人のイナホと火星のお姫様であるアセイラム姫が結ばれるべきではないのも分からないではないですし、スレインを殺さないというのもまあ分からないでもない。ただ、その最後の流れが唐突かついきなり過ぎて釈然としないんです。イナホは結局アセイラムとまともに会話できず、ぽっと出てきたクルーテオの息子と結婚して帝位につくと宣言するアセイラム、その少し前には偽のアセイラムがスレインと結婚して地球に新しい国を作ると宣言したばかりで、レムリナも脱出させたものの護衛につけた部下たちはほとんどがスレインに続いて戦闘継続してレムリナほぼ放置だし、消化不良というわけではないけれど、どうにもすっきりしない終わり方でした。
 とてもじゃないが人に勧める気にはならないですね……。

 つづいて『Gレコ』。
 最初から最後まで、凄まじい勢いで突き進んだ濃厚な内容でした。
 戦闘も良く動いているように見えるし、見せ方は流石というべきですね。
 ミノフスキー粒子による干渉で、通信が相手に届いていないことが多く、掛け合いもそれぞれが言いたいことを一方的にぶちまけているだけだったり、わけの分からない言い回しや言葉になっていたりするのが何とも富野作品らしい。
 ストーリーとしても、キャピタル・ガード、キャピタル・アーミィ、アメリア、ゴンドワン、トワサンガ、ビーナス・グロゥブ、ジット団と色々な勢力が入り乱れて、敵味方さえ状況次第で目まぐるしく変わっていきました。
 色々と考察する余地は多々ありますが、あまり深く考えずにごちゃごちゃした状況すべてを見たまま受け取るのが正しい見方なのかもしれません。わけが分からない、という感想を抱いたのなら、そのわけの分からなさこそが『Gレコ』と言っていいのかな、と。
 あえて整理するなら、月や金星に暮らす者たちの中でレコンギスタという地球への帰還を望む者たちが現れたのがそもそもの始まりで、それに反対していたのがレイハントン家を含めたレジスタンスで、内輪もめをしている間にクンパが地球の状況を探りにキャピタル・テリトリィに潜り込み、アメリアやゴンドワンといった国が領地や資源を求めて戦争を起こしつつあるのを目の当たりにして、キャピタル・アーミィを作り始めた、というところでしょうか。
 色々とネットで感想や意見を見ていると、批判的な意見が目立つ気がしますね。目立ちやすい意見は批判的、と言うべきでしょうか。もちろん、好意的な意見もあり、色々な意見があるなーと思って見ていました。
 TV放映を見た私個人としては、あまり深く考えずに見ていました。
 ただ、確かに状況や色んなものの説明がされなかったり、されるのが遅かったりするのは多々ありましたが、創作活動をしている身としては、それはそれで自然に受け入れていました。確かにぱっと見では分かり難い感じもするのですが。
 と言うのも、私自身も良く頭を悩ませているのですが、「固有名詞やその世界観独自の単語やものの設定の説明をどこに入れるか、あるいはそもそも入れるべきなのか」というのが身に染みているからで、「その世界に生きる人が当たり前のように使っているものをわざわざ説明するのも変」なんです。そういう意味では、物語序盤でデレンセンがベルリやルインたちを相手に授業としてキャピタル・タワーの説明をしているのは導入としてはとても自然で、かつ展開的にも分かり易く、テンポも良いんですよね。
 最近のアニメや漫画や小説なんかは、そういった分かり易さも重要視されている気がします。それが悪いことだとは言えませんし、私自身も自分の考えた状況や世界観、設定などは正しく伝わるように文章を書くよう心がけています。ただ、今回のGレコのように、富野監督本人が「見た人に色々考えてもらいたい」と言っているような作品においては、あえて説明や正解を用意をせずに見る側に想像させたりするのも一つの手法だと思うんですよね。
 何にせよ、個人的には面白かったというのが感想でしょうか。

 そして『シドニアの騎士 第九惑星戦役』ですが。
 まだ序盤3、4話ぐらいですが、つむぎが可愛いので良し!(爆)
 第九惑星戦役というタイトルからするに、かなり原作のストーリーに追い付いてしまいそうな感じがしますが、どの辺りまでアニメにするのか気になるところです。
 1期のアニメの時点で原作と違う部分が少々出てきていましたが、アニメ版でどうすり合わせてくるかも注目したいところ。
 というか原作での今後の展開も気になり過ぎてやばいです。
 レム恒星系の話で完結しちゃうんでしょうか。

 アニメではないけど『クロスボーンガンダムゴースト』の最新9巻も読みました。
 8巻のラストではシーブックが登場していましたが、9巻では精神的に磨り減ってしまったフォントがシーブックと会うことで色々と立ち直るところがメインになっていました。
 多くのものを守るために最も効率の良いやり方を突き詰める思考に至った結果、それまで否定していた小を犠牲にすることを是とするまでに合理化する思考となったフォントも、盗賊を撃ち殺そうとしてシーブックに止められたことをきっかけに自分が壊れかけていることを自覚。どうすればいいかと問うフォントに、シーブックは「他人の生き方なんて参考にならねぇよ」と突き放すのが印象的でした。
 また、鋼鉄の7人で声をかけられなかったことについても後に気付いて、トビアがあえて声をかけなかった意を汲んでパン屋を続けているシーブックが実に良い感じでした。顔を合わせることもなく、ただパンを届けるだけで通じ合っているのがこの二人らしくもあります。思い入れのある恩人の手作りのパンとは言え、独り占めしてしまうトビアには笑いましたけれど(笑)
 ともあれ、大抵の場合「感情を理性で制御してこそ実力を発揮できる」というパターンが多いのに対し、今回は「理性を感情で乗りこなすことで心を保て」という逆の解決方法に至ったのも印象深いですね。
 理性で理詰めで合理で突き詰めれば確かに極限状態では最高のパフォーマンスを発揮することができるかもしれませんし、それは8巻の核弾頭処理でフォントがやって見せていました。ただ、それも突き詰めてしまうと本来の思いを見失って心が壊れて効率ばかりを求めるマシンになってしまう。そうならないために、何が大切で何のために何を思ってそれをしようとしているのかという感情を理性に乗せることで人間性を保つというのも確かに納得です。
 そしてフォントが立ち直ったところで最終決戦に突入。蛇の足、キゾ一派、サーカスというこれまた三つ巴な中、どうやって決着が着くのか楽しみです。

 ところで、そろそろゴーストやGレコ、ビルドファイターズ系も含んだGジェネの新作でも出してもらえませんかね?
 ファントムやGセルフとか、ビルドファイターズ系のカスタム機とかGジェネで遊んでみたいんですが……。
 それと、VSシリーズでも何でもいいのでアクションゲームでシスクードを出して下さい!
 ビルドファイターズトライの投票でも上位になったんだからそろそろ日の目を浴びてもいいと思うんですけれど……(´・ω・`)
スポンサーサイト



TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP