FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブラウザゲーム、スマホゲーあれこれ
 アイギス、花騎士、とちろちろやってるブラウザゲーム。
 スマホゲーではギルドラ、ガンコン、FGO。

 ブラウザゲームに関しては新作とか他にも色々出てきたりしているので、手を伸ばしてみたりしています。
 


 
 というわけで手を出してみたもの一覧。

1.アイギス。
 多分、ブラウザゲームとしては一番遊んでます。
 タワーディフェンスが結構好きなのもありますが、ドット絵やマップがよくできているというのがポイント高いです。同じタワーディフェンスでも、ただ流れてくる敵を処理していくのではなく、通り道や移動ルートがマップや敵によって異なるアイギスみたいなタイプの方が私はハマれるようです。
 そろそろ2周年だとかで、ユニットが増え過ぎて確率アップの恩恵が少ないとかいう声が多かったのか、今までは追加のみだったガチャ内容が整理されるようで、公式コミュニティとかで騒がれています。私としては、除外されるキャラの入ったガチャが定期的に出てくるなら良いんじゃないかなと思う程度です。
 結局のところ、ガチャというシステムの都合上、相当な金額を突っ込まないと全ユニットコンプリートなんて出来ませんし、運が悪ければ出ないものは何回やっても出ないわけで、「月1万ぐらいなら課金してもいいかな」みたいな遊び方をしている私にはさほど影響がありません。欲しいユニットがピンポイントで存在しても、それが黒のユニットだったりしたら1万程度の課金で出るとは思っていませんし、思わないようにしています。
 ともあれ、基本無料のブラウザゲームとしては、ゲーム性がかなり高い印象です。
 プレイヤーレベルが200を超えましたが、まだ一部のミッションや敵には苦戦したり歯が立たなかったりするので、やれることはまだまだ多い状態ですね。

2.花騎士。
 なんだかかなり人気出ている模様。
 実のところ、ほぼ開始初期から手を出しています。そのため、戦力的には部隊全員金以上で埋められるぐらいのキャラクターが揃ってます。とはいえ、半分以上がイベントキャラで、いわゆるガチャ金は数えてみたら各属性3人ぐらいずつでした。
 ゲーム性自体はそこまで高くないものの、アビリティなどの組み合わせを考え出すと色々考えられる部分もあり、何だか不思議な感じです。
 基本的に戦力が整えば難易度はそれほど高くなく、とにかくストレスが少ない印象です。
 好感度アイテムを得られるミッションは常設されていてそれなりに集め易く、イベント関係も無課金で全部やり遂げられるような調整ですし。
 初期の頃はミッション中の分岐が多過ぎて確率的にも勲章3つ取るのがかなりきついときもありましたが、今ではそんなこともなく、数回繰り返せば十分取れるんじゃないかと思うぐらい。
 SDキャラクターのモーションなど、キャラクター性は中々他のブラウザゲームとは一線を画している印象があります。
 難点があるとすれば、ガチャの確率でしょうか。思いの外、課金通貨の代わりでもある華霊石が配布されたりして入手量が多いのですが、その分、ガチャの確率は渋いです。
 欲しいキャラクターがあって、それを狙ってガチャを回そうとするとかなりきつい気がします。ガチャを回してその時出たものをやりくりしていく分には、お金をかけずに遊べます。
 9月末に友人2人に「何か暇潰しになりそうなブラウザゲーとかない?」と聞かれて、ストレスフリーな花騎士勧めたら見事にハマってしまいました。
 ここ最近は私も「少しぐらいなら課金してもいいかな」なんて思えているぐらいには遊べています。

3.鎧姫
 ターンベースのSLGということで期待していましたが……。
 11月末でサービス終了、とのこと。
 開始が7月ぐらいだったはずなので、終了決定まで3ヶ月ぐらい。早過ぎる……。
 まぁ、初期の頃から色々と粗や不満点は多かったといえば多かったですね。
 機種による個性や差別化はもっとあっても良かったですし、機種による出撃制限のかかるイベントが無かったせいで機種選択の幅も微妙でした。鎧は基本的に各種類1機ずつで、バージョンアップというレベル上限解放を行っても劇的な変化や派生などはなく外見も強化パーツが付けられた程度。武装は固定で、隣接した敵にしか攻撃できず、近接武器や射撃武器の違いなどもなし。パイロットとなる姫のデザインが微妙なのが多い、と良いところが少ない出来と言わざるを得ませんでした。
 ミッション中も、ターン数計算が敵ターンも1ターンとして数える仕様のせいで、目標ターン数が実質半分だったり、1ターンに動かせるユニットが1体だけだったり、イベントがミッションの周回数のウェイトが非常に大きいマラソン系ばかりだったり、イベントの目玉である報酬キャラがランキング形式の上位100位以上でなければ得られなかったり、強化素材や進化素材の入手に難があったりと、とにもかくにもストレスの多い仕様ばかりでした。
 強化素材はイベントミッションでどかどか手に入るようになったり、次のイベントでは全然出なくなったり、敵の強さに関する難易度も含めて調整も極端でした。
 長続きしなさそうだなとは思っていましたが、まさか3ヶ月で終了するとは思っていませんでした。
 Gジェネの新作が出なくてターンベースのロボ系SLGに飢えていたので、そういった意味では貴重なブラウザゲームだったんですけどね。
 もっと練りこんで作れば光るところがありそうなものだっただけに、個人的には惜しいなと思っています。

4.クライムバスターズ
 絵柄はかわいいけど、ゲーム性はほぼ無し。
 よくあるカードゲーム風だけど、戦闘演出が長い、計算が分かり難い、スキル効果もぱっと見て強い弱いが分かり難い、そしてそれらを把握したいと思わない。
 なんというか、個人的には色々とめんどくさい印象。
 イベントもぱっとしないというか、ゲームシステムがターン制カードバトルっぽいものである以上、あまり複雑なものはできない気がします。
 カードの限界突破に同じカードを重ねて合成させなければならないタイプなので、イベント以外のガチャ産高レアのカードを最大育成しようと思うと課金必須。
 この手の、同じの重ねるってのあんまり好きじゃないんですよね。めんどくさいから。
 とにもかくにも、絵柄しか見るところ無い感じで、個人的にはつまらないです。

5.ブレイヴガールレイヴンズ
 SDキャラが動く花騎士が人気出て味を占めたのか、似たような方向性を感じてます。頭身は花騎士より低めの2頭身ぐらい。
 ただ、こっちの方が直接的に戦闘指示を出している感じはありますね。
 触ってみた感じ、そんなに悪くは無いし、それなりに遊べそうではあるかなとは思いました。
 ただ、このゲームは同じユニットを何枚か重ねることでレアリティの上昇をすることができ、無課金ガチャからでもユニットを集めていけば、手間はかかるものの最高レアであるURまでユニットをランクアップさせることができます。
 課金も含めて、ガチャによる目玉は+のついた強化キャラ。ユニットの扱いは+のついてない通常キャラと同じキャラとしてランクアップ素材に出来ますが、+ついた強化キャラの方がスペックは高いので、それのUR目指すというのが育成の基本目標でしょうか。
 始まったばかりでユニット数が少ないこともあって、同じキャラのレアリティ違いがぼろぼろ出たりします。
 うん、だからこの同じの重ねるのってあんまり好きじゃないんですよ。ガチャみたいな運絡むものだと確実性ないから、めんどくさいと思ってしまうので。
 SDキャラの頭身や雰囲気は花騎士の方が好みかな。

6、ラグナリーブレイブ
 DMMポイント当たらないかなー^q^


 まぁ、ブラウザゲームだとこんなところでしょうか。
 アイギスと花騎士は結構楽しんでます。
 特に花騎士はほんとストレスフリーで色々邪魔にならないのが凄いなと。
 同キャラ重ねによる強化関係は、アイギスと花騎士にもあるにはありますが、アイギスの場合はコスト減少も2回目以降は確実に成功するわけではないし、スキルレベルなら虹精霊がいますから、同キャラを重ねることのメリットはあるものの、狙う必要性はそこまで高くなく、ガチャ産であれば引いた状態がそのユニットの基本スペックなので気になりません。というか、コスト減少やスキルレベルアップもできるに越したことはないですが、出来なくてもさほど影響がないんですよね。スキルレベルは虹精霊で上げられますから、実質的にはコスト減少の比重が大きいですけど、それも100%成功ではないとなると同キャラを引きたい、と思うのはせいぜい2体目までで、それ以降はコスト下がったらいいなぁ程度で、引かなくても気になりませんし、コスト下限じゃないと、と言う人はガチャ産ユニットは使い物にならないってことになっちゃいますからね。
 花騎士の場合は装備スロットやスキルレベルが上がりますが、ガチャ産のキャラはそのままでも十分なスペックしてますから、印象としてはアイギスに近いです。
 個人的に私が嫌うのは、同じキャラを重ねることで上限突破するタイプです。上限突破するタイプのゲームでは、上限突破した完成後のキャラが戦力の基準値になることが多いため、上限突破できていないキャラの価値がどうしても低くなります。
 まぁ、課金しろよ、ってことなんでしょうけれど、露骨にそういうのが見えるのってむかつくんですよね。


 続いてスマホゲー。

1.ギルドラ
 .hack//の世界観ということで始めたギルドラ。
 紆余曲折あって、ギルドマスターやってます。とりあえず毎日のログインは欠かしていません。遊んでいるかというと、正直微妙なところですが。
 システム自体に理解しにくいところはなく、オート戦闘もあるのでストレスは少ないですね。
 イベントのランキングは上位の人たちがどれだけ金突っ込んでるんだろうなと冷めた目で見てますが。

2.ガンコン
 自分の拠点を拡張してくようなゲームがやりたかった時に始めました。
 本当は昔あったROギルドマスターズみたいなのがやりたかったんですけど、まぁ、似たようなところあるしと思ってやっていました。
 ここのとこ、全然コロニー内の施設拡張ができないので不満です。拡張許可証がないと施設拡張できません、施設のレベル上限も上がらないのでコロニー内をいじれないのが一番の不満。
 戦闘システムはシミュレーション要素が少々あり、スマホゲーとしては戦略性それなりにあって良いんじゃないかなとは思いますが、課金ガチャユニットばっかりの戦場では無課金だとボコボコにされるのでバランスが良いかと言われると微妙なところ。
 課金ガチャのラインナップが無課金でできる各種ガチャに落ちてくるのも相当時間がかかったり、そもそも落ちてこないでその時の課金ガチャ限定ユニットみたいなのがあったりするのも割と嫌いな部分です。
 というか、課金ガチャをイベント扱いするのやめろ、と思う。
 正直、無課金じゃもうついていけませんね。
 ログインボーナスと、無課金でも参加できるイベントだけチェックしています。

3.FGO
 スマホのスペックのせいかまともに遊べません^q^
 Androidのバージョンは満たしているんですが、メモリが足りないようで、始まったばかりの時は戦闘が連続してくるとアプリが強制終了する、みたいな感じだったのが、ここ最近はガチャの結果が表示される瞬間に落ちたり、強化演出中に落ちたりと散々です。
 ログインボーナスとガチャするぐらいしかやってなかったりします。


 スマホアプリが出始めた頃と違って、多様化してきているなとは思います。ただ、スマホというプラットフォームがゲーム専用に作られているハードのように固定化されていないため、最新のゲームを遊ぶには最新かそれに近い機種でなければスペックが追いつかない状況が増えてきている気がします。
 というか、コンシューマゲームの進化の歴史を早回しで見ているようだ、という誰かの言葉がぴったりくるぐらい、最近のスマホアプリはゲーム性の変化が目まぐるしく感じます。
 ただ、それに対してスマホというプラットフォーム自体が適応し切れているとは言えないかな、と。
 ゲーム性が練り込まれたスマホアプリは必要スペックが高くなり、電池もそれなりに持っていかれます。スマホ自体、最新機種は相当な値が張りますから、気軽に買い換えるというのも抵抗感がある人多いんじゃないですかね。8万とか10万とか、軽くしますし。ゲームやるのが目的だったら、約4万ぐらいのPS4とか、約2万ぐらいのVita買う方がしっかりしたゲーム遊べます。
 まぁ、製造業寄りの仕事をしている身からすると、こういうところで消費して経済回してくれないと中小企業が辛かったりもするんですが。
 それはさておき、個人的にはやっぱりプラットフォームがそれ専用に作られているゲームハードでないとまともなゲームとしては遊べないなと思っているわけです。
 スマホで本格的なゲームが出ても、遊べる機種が限られそうですし、スマホである以上、暇潰し以上にするのはちょっとなぁ、と。
スポンサーサイト



TOP
この記事に対するコメント
スマホゲーム
FGOってfateなんですね。面白そうです。ただ、自分の古いスマホでは絶対動かなそうですね(笑)
PCとかDSとか他の媒体で出してくれたらいいのですが。とはいえ、スマホ向けのゲームは何となく手軽さが重視されているようで、「本格的RPG!」とかいう宣伝文句がなんだか空虚に思ってしまう先入観があります。スマホ向けのゲームをそのまま他機種でリメイクしてもあまり流行らない可能性があるのかなぁと思いました。と、ツムツムとかぷよぷよとか、単純なスマホゲームしかやったことがない人の戯言でした。
【2015/11/08 14:21】 URL | 遠藤 敬之 #xEh2.WV6 [ 編集]

そうですねぇ
 FGOはFateのスマホアプリですね。原作者がストーリー部分を書いてるそうで、ファンからするとかなり評価は高いようです。私はにわかなんですけども(笑)
 確か、メモリが2GB以上あることが動作環境に書かれていましたから、私のXperiaGXでは半分にも満たないのでまともに動かないんだろうなと思っています。
 スマホでのゲームは複雑なものになればなるほど、スマホでやる意味があまりなくなっていく気がしますね。それ、ゲーム機でやればもっと快適で面白い要素増やして作れそうじゃん、と。
 スマホという常に持ち歩いているような媒体では、手軽さがないと長続きもし難いと思います。
 やっぱり、単なるゲームハードへの移植では流行らないでしょうね。
【2015/11/08 17:23】 URL | 白銀 #vEzGvfOg [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP