FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

週刊 WriteIDEA -2019.4.12-
 <今週の白銀>
 暖かくなってきたかと思ったら急激に冷え込んで雪っぽいのが降ったりして、体調があまり良くない一週間でした。良くない、と言っても風邪をひいたとかではなく、気圧の変化による気管支への負荷がやや大きかった、といった方面。発作とまではいきませんでしたし、いざとなれば携帯している吸入薬があるので特に問題はないのですが、それでも気候変化には少し敏感になります。
 『FF14』の週制限が緩和されたことで、毎週のノルマ(自主的なもの)が増えてしまったので他のタイトルに手を出す余裕が減っています。
 『ANTHEM』はスタッフロールには到達しましたがレベルはまだ30になっていませんし、『SEKIRO』もまだあんまり触れていないし、気になっていた『EDF』も出てしまいましたし、来週からは『FF14』に『FF15』コラボイベントもきますし。
 やりたいものが尽きない、というのはありがたいことではあるんですけどね。
 
 
 
 
 <創作の現況>
 『救国のアルザード』進捗減速中。
 
 
 <IDEA Pickup>
 タイムリーなので今回の話題は『前作を否定するように見える続編』について。
 
 ぱっと思い付くのは、「前作主人公あるいは前作で重要な味方キャラが敵として出てくる」とかのパターンでしょうか。
 実際、私もこれ系の話、やってるんですよね。『ライト・ブリンガーⅡ』がまさにそれの典型というか、よくある前作主人公が敵になるという展開になってます。
 今後のネタバレになりかねないので詳しい話はしませんが、『ライト・ブリンガーⅡ』は第三部からその辺りの「何故、どうして」が物語の軸になっていきますし、きっちり描くつもりでいます。
 というのも、前作を読んで多少なりとも気に入って下さった方にとって、その部分が解消されないのはとても不愉快なことだと私自身も思うからというのもありますが、「敵になった理由や経緯を描いた上で、新主人公であり前作主人公の息子でもある今作の主人公が何を感じてどう成長し、最後にどんな結論を出すのか」という物語は面白いはずだ、と考えているからでもあります。
 この展開に関する示唆は『ライト・ブリンガーⅠ』の頃から入れているので、単純に「振り返ってみて前作が嫌になったから否定する」なんて意図は全くありません。『Ⅰ』の全体の構成を終え、『Ⅱ』を始めるかどうかはともかく、『Ⅰ』の先がどうなるか考え始めた時点で既に決まっていたと言っても過言ではありません。
 作中のパワーバランス的に、前作主人公らが味方だと新主人公たちの出番がなくなりかねない、という設定上の問題もあったりするのは事実ですが、私としてはパワーバランス問題も解決できる案だな、と思ったぐらいで、物語性の方を重視しての展開になっています。
 
 結局のところ、「前作とぶつかり合うような話」というのは、「何故そうなるのか」「どうしてそうなったのか」という部分ははっきりさせないと読者は納得しないと思っています。
 これは積み重ねとしての、理解できるだけの描写を重ねる、ということでもあります。
 その上で、「前作での出来事は無駄だった」という感想や印象を抱かないように理屈付けをしたり、キャラクターたちの心情を描いたりして、「前作は必要だった」と理解してもらえるものにする方が満足感の高いものになると思います。
 しっかりと前作との関係性や経緯を理解してもらった上で、続編がどのような物語に着地するかを楽しんでもらうことが重要ではないかと思うわけです。
 
 
 <娯楽万歳>
 10日にあげた記事の作成にだいぶ時間を取られたので、そちらが今回のコーナーの代わりということで。
 
 
 <連載>
 時間とれませんでしたー_(:3 」∠ )_
 
 
スポンサーサイト



TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP