FC2ブログ
思考の最果て
雑記、ゲーム、運営サイト関連など、気ままに。毎週金曜に定期更新予定。
プロフィール

白銀(WriteIDEA)

Author:白銀(WriteIDEA)
長野県在住。
ラノベ執筆が趣味なゲーマー。

「やりたいことは全部やる」がモットー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新作のガンダムアニメとガンプラ
 新しいテレビシリーズが発表されたので確認してきました。
 「ガンダムビルドファイターズ」とのことで、ガンプラをモチーフにした作品な模様。
 トップのイメージにGXのカスタム機がいたのが気になって、キャラやメカを一通りざっと見てみました。
 GXのカスタム機は中二病枠っぽい……。
 それはそれとして、ガンダムのアニメ、としてはプラモが題材ということで賛否両論ありそうです。戦争ものとしてのガンダムをテレビシリーズで見たい、って人もいそうですし、AGEが爆死したのでまともな作品を見たいっていう気持ちは私にもあります。
 とはいえ、プラモ狂四郎とか、ガンプラ甲子園とかボンボンの漫画でもガンプラを題材にした作品はありましたし、ガンプラビルダーズはOVA化もしてますし、発売されたばかりのガンダムブレイカーとも通じる部分がありますし、そうそう否定するものでもないかなと個人的には思っています。
 ガンプラがモチーフということで色々と制約の少ない作品になりそうですしね。

 それと、HGでオールガンダムプロジェクトなるものが始まるそうで、HG化していないガンダムがどんどん商品化されるとのこと。
 ダブルエックスがHG化されるのは凄い嬉しいですね。
 PVではVガンダムやF91,V2もHG化するようですし、となると∀もくるでしょう。クロスボーンもHG化してくれるのかなー?
 ガンプラの方にも期待しています。

 で、丁度似たようなコンセプトであるガンダムブレイカーはDLCではやく機体を追加して欲しいんですが。面白いけどパーツ、というか機体数が少な過ぎー。

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

TOP
宇宙と地球と
 先行配信されたUC6話、さっそく見ました。レビュー記事書くのちょっと遅くなりましたが……。
 相変わらず面白かった。
 ネタバレあるので未見の人は注意。
 
[READ MORE...]

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

TOP
ガンダムオンライン
 というわけでぼちぼちやってみてるガンダムオンラインについて感想っぽいレビューっぽい何かでも書いてみようかと思います。
 ちなみに私はオープンβから始めて、シャングリラサーバでプレイ中。
 
[READ MORE...]

テーマ:機動戦士ガンダムオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

TOP
エピソード6まであと一ヶ月
 ガンダムUCの第6話公開まで後1ヶ月になりました。PVも2つほど公開され、見ました。
 超楽しみ!
 というかPV見たらもう楽しみ過ぎてやばいです。
 BGMになってる今回のテーマソング「RE:I AM」はBGMを手がけてる澤野さん作曲の歌ということで、曲も良いし、映像、というか内容にもマッチしていてフルサイズが早く聞きたいところ。
 第2弾PVでワンカットだけ映るリディの堕ちっぷりにはちょっと笑いましたが(笑)
 言い回しとかも人間臭くて、声優さんたちの演技や表情の変化とかの演出も相まって面白いから第6話も楽しみで仕方がありません。
 第2弾PVでのミネバの「ジンネマン、お前はまだ過去に捕らわれているのか!」も、ジンネマンの「理屈では消せんのです、恨みも後悔も……」も、どちらも納得できるセリフです。過去に捕らわれていてもどうにもならない、前を見ろ、というのは当然のことです。ただ、ジンネマンの過去を思えば、そう簡単には吹っ切れるものでもないわけで。
 大体の展開は知っていますが、アニメ版ではどうなるのか、今から待ち遠しいですね。
 第7話がいつなのかも気になりますし。

 え?
 ガンダムAGEのアセム・ゼハート編の製作決定?
 誰得なんですかね、それ。AGE自体はテレビ放映してたから一応見てましたけど、レビューもした通り矛盾ありまくり違和感ありまくりでめちゃくちゃつまらなかった産業廃棄物なのに、OVAとかだったら買うわけないし、見ないですよ。一体何を勘違いしてるんだか。売れると思ってるんですかね?
 AGEはもう終わっときなさいよ……。

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

TOP
小説版AGE
 小説版のガンダムAGEも最終巻が出て完結したようで、変更点まとめというものを見てきました。
 第一巻の頃から変更点のまとめはチェックしていましたが、それ見ているだけでまともになっているように見えるから凄い。
 ちゃんとキャラクターが掘り下げられ、言動や行動に一貫性もあり、説得力もあり、魅力が出されている。
 アニメでは説明がされていなかった設定や裏事情や情勢、世界観にも触れられていて、辻褄合わせもなされている。
 展開や描写入れ替え、削除、追加、それらが割と的確で良い感じだとか。
 どんだけアニメがクソだったんだという……。

 後書きで書かれてましたが、著者は富野監督に激励されハグされたとか。
「生き延びて良い作品を書いて下さい」
 と言われたとか。
 なにそれ、ガンダムファンとしたらこれほど嬉しいことはないんじゃ……。羨ましすぎる。

 生き延びて、ってことは死ぬほど苦痛だったんだろうなぁ、という暗示でもあるのかな。
 でもまぁ、ぶっちゃけ物書き志望の端くれとしては、あれのノベライズなんて相当きついだろうとは思う。あんな酷い出来の作品を小説化したとして、高評価されるとは普通は考えられないもの。好きな作品のノベライズならまだしも、あれのノベライズをしたとして胸を張って人に言えるのか。きっと実際に小説版の方を見たことがない人からすればアニメの評価がすべてだろうし……ねぇ。
 実際、著者は相当苦労したと思う。変更点のまとめとか見ていても、それが伝わってくるし、作中の描写の中にも滲み出ているところがあるんじゃないかと思う。

 ともかく、大筋は変えずに描写や印象をしっかりしたまともなものに変えることができたということが凄く重要だと思う。
 食材はそこまで悪くはなかった。
 料理人が壊滅的に下手クソ過ぎたっていう証明でもあると言える。
 ちゃんと料理すれば割と美味しく食べられるものが出来上がるんだよ。

 同じ内容やプロットで小説化しろと言われたとして、この小説版のような形になるかはともかく、アニメ版よりマシなものにはなると私でも言えるぐらいアニメ版は酷かった。
 そこんとこ日野は猛省しろ。

 そして小説版の著者はお疲れ様でした(;´д`)

テーマ:機動戦士ガンダムAGE - ジャンル:アニメ・コミック

TOP